「水野和敏的視点」 vol.14「トヨタ86」

2013.09.06 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.14「トヨタ86」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。日本のスポーツカー文化を再興すると意気込む「トヨタ86」は、“ミスターGT-R”の目にはどう映っているのだろうか。


「水野和敏的視点」 vol.14「トヨタ86」の画像

「水野和敏的視点」 vol.14「トヨタ86」の画像

「水野和敏的視点」 vol.14「トヨタ86」の画像
トヨタ86GT“リミテッド”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース:2570mm/車重:1230kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:200ps/7000rpm/最大トルク:20.9kgm/6400-6600rpm/タイヤ:(前)215/45R17 (後)215/45R17/燃費:12.4km/リッター(JC08モード)/価格:297万円
トヨタ86GT“リミテッド”
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース:2570mm/車重:1230kg/駆動方式:FR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:200ps/7000rpm/最大トルク:20.9kgm/6400-6600rpm/タイヤ:(前)215/45R17 (後)215/45R17/燃費:12.4km/リッター(JC08モード)/価格:297万円

■“迷い”がカタチに!?

「トヨタ86」についてまず言いたいのは、前回も述べたとおり、スポーツカーとして何を主張したいのか、どういった存在感を出したいのかということ。商品として“存在の主張”をもっと打ち出してほしいし、実行してほしいということです。

86を見ていると、開発が進んだ後から修正したと思われる部分があり、「原価のせいでこうしました」というような、“なっちゃった的な商品感”が拭えません。そのため、とても残念なことに、全体が中途半端になってしまっている感じを強く覚えてしまうのです。

例えば、エクステリアデザイン。「最初に、狙いとするプロポーションのクレイモデルを作りました」「風洞にかけて空気抵抗とリフトを減らすために、横からの空気とルーフラインを流れてくる上からの空気を分離することを目的として、ヘッドランプやテールランプのレンズを、途中で角部に凸を付けた形状に変更しました」「そんな事情から、法規への対応を含め、レンズの表面のカタチは当初とは違うものとなりました」と、そんな具合です。

また、ランプユニットは、「すっきりと滑らかなスポーツプロポーション+シンプルな真空蒸着メッキ1色」という当初の狙いから、「実用車のような凸形状に変更したレンズ+スポーティーでシンプルな真空蒸着メッキ1色」という組み合わせへと変更になったのではないでしょうか。

このような場合、通常はランプユニットの内部面に黒かグレーの塗装を追加して、形状補正をしてみせるのが一般的です。しかし、当初の原価構成から蒸着メッキ1色のままとし、形状変更と塗装での補正はしなかった、というのが実情ではないでしょうか。

きっと、デザイナーが線を引いた時点でのヘッドランプは、もっとプロポーションの中に溶け込んでいたはず。それゆえ、塗装もシンプルなものが良かったのでしょう……。そんな流れを想像せざるを得ないんですね。

こんな具合に、86のエクステリアを見ていると、開発の進め方や後からの技術的修正が、そのまま外観に表れてしまっているように思えてなりません。だから私には、市販された86を見て良いとか悪いとかいう論議はできません。
そして私は、インテリアの仕様や走りの部分にも、同じようなことを感じてしまうのです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

86の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る