フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)

タフで、優しく 2013.09.10 試乗記 気筒休止システムとスポーツサスペンションを採用した「フォルクスワーゲン・ポロ」の新グレード「ブルーGT」。エコと走りの両立をうたう、その仕上がりは?

見た目はGT、中身はブルー

エコのイメージカラーとしては緑が優勢だが、フォルクスワーゲンではブルーを採用している。「Think Blue.」をキーワードにしてさまざまなエコ活動を展開しているし、環境性能を追求した製品には「ブルーモーション」の名が与えられる。
ややこしいのだが、ブルーモーションというモデル名はドイツ本国で販売されている「TDI」すなわちディーゼルエンジン版で、日本で選べるのはガソリンエンジン車の「ブルーモーション テクノロジー」だ。「ゴルフ」のラインナップにはすべてこのバッジが付けられている。

「ポロ」にも4月から「TSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」が登場した。もともとあった1.2リッターターボエンジンを搭載したモデルにアイドリングストップとブレーキエネルギー回生システムを追加し、燃費向上を図ったのだ。ポロのラインナップは、このほかに「TSIハイライン」と「GTI」がある。今回加わった「ブルーGT」は、この中間に位置するモデルだ。ブルーとGT、つまりエコと走りを両立させていることをアピールしたネーミングである。
「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」かつて男の条件とされた言葉は、クルマにも当てはまるのだ。

見た目は、はっきりとGT寄りだ。青い色のGTエンブレムが付いているのはもちろん、空力を考慮したフロントバンパーやリアスポイラーを備え、車高もTSIハイラインより15mm低い。テールパイプは2本出しで、スポーツモデルであることを強調している。やる気満々なスタイルで、とても低燃費モデルには見えない。
しかし、公表されている燃費(JC08モード)を見ると、GTIの16.6km/リッター、TSIハイラインの19.4km/リッターに対して21.3km/リッターをたたき出している。これは、驚いたことにTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジーの21.2km/リッターをも上回る数値なのだ。

外装では、「GT」エンブレムが備わる専用フロントグリルやフロント/リアバンパー、ブラックドアミラー、2本出しのテールパイプ、リアスポイラーなどが「ブルーGT」の特徴。
外装では、「GT」エンブレムが備わる専用フロントグリルやフロント/リアバンパー、ブラックドアミラー、2本出しのテールパイプ、リアスポイラーなどが「ブルーGT」の特徴。
「ポロ ブルーGT」には、グレーとブラックのツートンカラーにブルーのアクセントが入ったシートが装備される。
「ポロ ブルーGT」には、グレーとブラックのツートンカラーにブルーのアクセントが入ったシートが装備される。
専用の17インチアルミホイール“Montani”。タイヤサイズは215/40R17。
専用の17インチアルミホイール“Montani”。タイヤサイズは215/40R17。
リアには「BlueMotion」のバッジも備わり、低燃費モデルであることをアピールする。
リアには「BlueMotion」のバッジも備わり、低燃費モデルであることをアピールする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る