ZENT CERUMO SC430が今季初優勝【SUPER GT 2013】

2013.09.09 自動車ニュース
第6戦富士を制した立川祐路/平手晃平組のNo.38 ZENT CERUMO SC430。
第6戦富士を制した立川祐路/平手晃平組のNo.38 ZENT CERUMO SC430。

【SUPER GT 2013】ZENT CERUMO SC430が今季初優勝

SUPER GT第6戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが2013年9月8日、静岡県の富士スピードウェイで開催された。GT500クラスはNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平組)が、GT300クラスはNo.4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也組)が勝利した。

決勝スタート前に雨が上がり、コースコンディションは完全なドライへ。ポールポジションはNo.38 ZENT CERUMO SC430が獲得した。
決勝スタート前に雨が上がり、コースコンディションは完全なドライへ。ポールポジションはNo.38 ZENT CERUMO SC430が獲得した。
2番グリッドからスタートした伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ組のNo.37 KeePer TOM’S SC430。
2番グリッドからスタートした伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ組のNo.37 KeePer TOM’S SC430。

■SC430とHSV-010の一騎打ち

トップは、前日の予選でポールポジションを獲得したNo.38 ZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平組)。これを追うのは、2番グリッドからスタートしたNo.37 KeePer TOM’S SC430(伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ組)。スタートドライバーを務めた立川は5周目までにカルダレッリを3秒差と突き放していたが、まずはレクサス勢が順当にトップ2を守り、「富士はSC430が速い」というジンクスをあらためて証明してみせた。
もっとも、その背後の3番手と4番手には、同じ富士をどこよりも苦手としていたはずのホンダ勢がNo.18 ウイダー モデューロ HSV-010(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ組)、No.100 RAYBRIG HSV-010(伊沢拓也/小暮卓史組)の順でつけている。この富士に向けてホンダが特別なエアロダイナミクスを開発したわけではなく、低重心化や細かな空力の煮詰め、さらにはそれらをバランスよくセットアップしていくことでHSV-010のポテンシャルを余すことなく引き出すことに成功したのだという。
一方、ニッサン勢のトップはNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛組)の7番手。今回はSC430とHSV-010の一騎打ちになるだろう、というのがこの段階での大方の見方だった。

ZENT CERUMOのチーム監督を務める高木虎之介は、今シーズンのこれまでの苦しい戦いを振り返りながらも、ようやくその苦労が報われそうな手応えを感じていた。「シーズン開幕直後の3戦は(クルマの仕上がりが)まったくダメで、その後は戦えそうな状態になったけれど、今度は接触したりアクシデントに巻き込まれたりで、すごい運が悪かった。実は、今日も戦略的に燃費がギリギリで、立川は前半あまり飛ばせないはずだったんだけど、それでも何とか2番手を引き離していった。これでようやく、と思っていたんだけど……」

セーフティーカーの導入で一時は順位を落としたNo.38 ZENT CERUMO SC430だが、43周目に再びトップに浮上。今季初優勝を獲得した。
セーフティーカーの導入で一時は順位を落としたNo.38 ZENT CERUMO SC430だが、43周目に再びトップに浮上。今季初優勝を獲得した。
勝利を喜ぶZENT CERUMOの面々。左から平手晃平、高木虎之介監督、立川祐路。
勝利を喜ぶZENT CERUMOの面々。左から平手晃平、高木虎之介監督、立川祐路。
No.17 KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大組)はセーフティーカーを“味方”につけて2位でフィニッシュした。
No.17 KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大組)はセーフティーカーを“味方”につけて2位でフィニッシュした。

■波乱含みのポール・トゥ・ウイン

波乱が起きたのは19周目のストレート。No.32 Epson HSV-010(道上 龍/中嶋大祐組)の左リアタイヤがバーストし、コントロールを失ったNo.32 Epson HSV-010はガードレールに激突するというアクシデントが発生したのだ。幸いステアリングを握っていた道上は無事だったものの、ストレート上にはタイヤなどの破片が散乱している。ここで審査委員会がセーフティーカーを導入したのは、当然の判断だった。

ただし、これを見て高木の脳裏に悪夢がよみがえった。前戦鈴鹿では表彰台を狙えるポジションを走っていながら、彼らにとって最悪のタイミングでセーフティーカーランとなったため、大きくポジションを落としてしまった。「また同じような展開になるのか……」 高木はため息をつきながら最悪の場合を想定していた。

実際、No.38 ZENT CERUMO SC430はセーフティーカーが導入された関係で一時は3番手までポジションを落としたものの、前を走る2台が次々と脱落していった結果、43周目に再びトップに浮上。その後は後続からの追撃をしのぎきって66周を走りきり、今季初優勝を遂げたのである。「ホント、よかったよね」と高木。「ここで勝てなかったら、シリーズの残り2戦は消化試合になるところだったから。ようやくチャンピオン争いで生き残れたよ。ドライバーのふたりが一番ほっとしているんじゃないかな。自分は、あくまでも脇役だからね」 かつて弱冠20歳にして“日本一速い男”星野一義を打ち破り、天才ドライバーの名をほしいままにした“トラ”は、落ち着き払った表情でそう語ったのである。

一方のホンダ勢はどうなったのか? No.100 RAYBRIG HSV-010はGT300車両との接触でラジエーターを壊してリタイア。No.18 ウイダー モデューロ HSV-010はミシュランタイヤが寒いコンディションとマッチしなかったのか、レース前半にして9番手までポジションを落としてしまう。しかし、No.17 KEIHIN HSV-010(金石年弘/塚越広大組)はセーフティーカー絡みのピットストップで8番手から4番手へとジャンプアップ。続いて前述のとおりトップ2が脱落した結果、No.17 KEIHIN HSV-010はNo.38 ZENT CERUMO SC430に続く2位でフィニッシュしたのである。HSV-010が富士で表彰台を得たのは、2012年の第2戦以来、1年4カ月ぶりのこと。3位はNo.37 KeePer TOM’S SC430だった。

GT300クラスはNo.4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也組)が制した。こちらも今季初優勝。


    GT300クラスはNo.4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也組)が制した。こちらも今季初優勝。

■GT300クラスはGSR 初音ミク BMWが今季初勝利

またGT300クラスでは、5番グリッドからスタートしたNo.4 GSR 初音ミク BMW(谷口信輝/片岡龍也組)が42周目にトップに立つと、そのまま逃げ切って今季初優勝を遂げた。実は、前戦鈴鹿では本家BMWからエンジニアとドライバーを迎え入れ、今季最高位となる2位フィニッシュを果たしたのだが、レース中の振動でエアリストリクターの一部が破損したために失格に処されていた。今回の優勝により、その屈辱がいくらかは晴らされたことだろう。GT300クラスの2位はNo.31 Panasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀組)、3位はNo.86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3(山西康司/細川慎弥組)だった。

(文=小林祐介/写真提供 GTA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。