ポルシェ911ターボ(4WD/7AT)/911ターボS(4WD/7AT)

希代のオールラウンダー 2013.09.16 試乗記 後輪ステア機構の採用に、PDKのみという設定、さらにはニュルブルクリンク北コースのラップタイムが「GT3」の2秒落ちと、新しい「ポルシェ911ターボ」の“標的”は、まるでGT3であるかのようだ。しかし、実際にステアリングを握ってみれば、911ターボの主張はかくも違っていた……。ドイツからの第一報。

全身を“アクティブ”で武装

登場から約2年の間に、タイプ991と呼ばれる「ポルシェ911」シリーズは、いつものように続々とバリエーションを拡大させてきた。今度はいよいよ「ターボ」の登場。しかも、いつもなら後から加わる「ターボS」も同時のお目見えとなった。
そのプレス向け試乗会は、ドイツ北部の保養地パーダーボルンが舞台。プログラムには一般道、さらにはサーキット走行も組み込まれていた。

この新型911ターボ&ターボS、外観は一種異様なほどの存在感を漂わせている。一番の要因は、「カレラ4」よりもさらに左右計28mmワイド化されたリアフェンダーだろう。全幅はついに1880mmまで達している。

その割に空力パーツはおとなしめに見えるが、実はこれは新採用のポルシェ・アクティブ・エアロダイナミクスシステム(PAA)のおかげだ。PAAは速度、そしてモード設定によりフロントのラバー製スポイラーを徐々に展開させる一方、リアスポイラーも高さ、そして角度を変化させる。これにより通常走行時を高効率にこなしながら、サーキットなどでは最大限のダウンフォースを得ることが可能となる。街乗りの際、フロントのアプローチアングルを稼げるのも、無視できないメリットだ。

よりグラマラスになったヒップに収まるエンジンは、排気量3.8リッターの水平対向6気筒直噴ツインターボユニット。細部のリファインにより最高出力はターボでプラス20psの520ps、過給圧を上げてレッドゾーンも200rpm上の7200rpmに設定したターボSでは実に560psを発生する。トランスミッションは、ついに7段PDKのみとなった。まあ、「GT3」ですらそうなのだから十分に予想できたことである。また、いずれも燃費が16%改善されているということも付記しておこう。

シャシーは、まさに電気仕掛けだ。電子制御式4WDのPTMに加えて、これもGT3に続いて後輪を操舵(そうだ)するアクティブリアホイールステアを搭載。さらにトルクベクタリングを行う電子制御デファレンシャルのPTV Plus、そしてターボSでは可変スタビライザーのPDCCにダイナミックエンジンマウントも備わる。

迫力に満ちたリアビュー。「911ターボ/911ターボS」の全幅は、シリーズで最も幅広い1880mmに達する。
迫力に満ちたリアビュー。「911ターボ/911ターボS」の全幅は、シリーズで最も幅広い1880mmに達する。
PAAと呼ばれる可動式前後スポイラーは目玉装備のひとつ。「スタート」「スピード」「パフォーマンス」という3モードがあり、目的に応じて前後スポイラーの形態をセットで変化させる。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
PAAと呼ばれる可動式前後スポイラーは目玉装備のひとつ。「スタート」「スピード」「パフォーマンス」という3モードがあり、目的に応じて前後スポイラーの形態をセットで変化させる。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
「スタート」ステージとは前後スポイラーを格納した状態のこと。「スピード」では燃費を向上させ、「パフォーマンス」では最大のダウンフォースを得ることを目的とする。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
「スタート」ステージとは前後スポイラーを格納した状態のこと。「スピード」では燃費を向上させ、「パフォーマンス」では最大のダウンフォースを得ることを目的とする。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
インテリアデザインは「911カレラ」のものを踏襲。レザーシートが標準となる(写真は911ターボ)。
インテリアデザインは「911カレラ」のものを踏襲。レザーシートが標準となる(写真は911ターボ)。
「911ターボ」では、14方向電動調節式のスポーツシートが標準装備となる。
「911ターボ」では、14方向電動調節式のスポーツシートが標準装備となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る