ポルシェ911ターボ(4WD/7AT)/911ターボS(4WD/7AT)

希代のオールラウンダー 2013.09.16 試乗記 後輪ステア機構の採用に、PDKのみという設定、さらにはニュルブルクリンク北コースのラップタイムが「GT3」の2秒落ちと、新しい「ポルシェ911ターボ」の“標的”は、まるでGT3であるかのようだ。しかし、実際にステアリングを握ってみれば、911ターボの主張はかくも違っていた……。ドイツからの第一報。

全身を“アクティブ”で武装

登場から約2年の間に、タイプ991と呼ばれる「ポルシェ911」シリーズは、いつものように続々とバリエーションを拡大させてきた。今度はいよいよ「ターボ」の登場。しかも、いつもなら後から加わる「ターボS」も同時のお目見えとなった。
そのプレス向け試乗会は、ドイツ北部の保養地パーダーボルンが舞台。プログラムには一般道、さらにはサーキット走行も組み込まれていた。

この新型911ターボ&ターボS、外観は一種異様なほどの存在感を漂わせている。一番の要因は、「カレラ4」よりもさらに左右計28mmワイド化されたリアフェンダーだろう。全幅はついに1880mmまで達している。

その割に空力パーツはおとなしめに見えるが、実はこれは新採用のポルシェ・アクティブ・エアロダイナミクスシステム(PAA)のおかげだ。PAAは速度、そしてモード設定によりフロントのラバー製スポイラーを徐々に展開させる一方、リアスポイラーも高さ、そして角度を変化させる。これにより通常走行時を高効率にこなしながら、サーキットなどでは最大限のダウンフォースを得ることが可能となる。街乗りの際、フロントのアプローチアングルを稼げるのも、無視できないメリットだ。

よりグラマラスになったヒップに収まるエンジンは、排気量3.8リッターの水平対向6気筒直噴ツインターボユニット。細部のリファインにより最高出力はターボでプラス20psの520ps、過給圧を上げてレッドゾーンも200rpm上の7200rpmに設定したターボSでは実に560psを発生する。トランスミッションは、ついに7段PDKのみとなった。まあ、「GT3」ですらそうなのだから十分に予想できたことである。また、いずれも燃費が16%改善されているということも付記しておこう。

シャシーは、まさに電気仕掛けだ。電子制御式4WDのPTMに加えて、これもGT3に続いて後輪を操舵(そうだ)するアクティブリアホイールステアを搭載。さらにトルクベクタリングを行う電子制御デファレンシャルのPTV Plus、そしてターボSでは可変スタビライザーのPDCCにダイナミックエンジンマウントも備わる。

迫力に満ちたリアビュー。「911ターボ/911ターボS」の全幅は、シリーズで最も幅広い1880mmに達する。
迫力に満ちたリアビュー。「911ターボ/911ターボS」の全幅は、シリーズで最も幅広い1880mmに達する。
PAAと呼ばれる可動式前後スポイラーは目玉装備のひとつ。「スタート」「スピード」「パフォーマンス」という3モードがあり、目的に応じて前後スポイラーの形態をセットで変化させる。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
PAAと呼ばれる可動式前後スポイラーは目玉装備のひとつ。「スタート」「スピード」「パフォーマンス」という3モードがあり、目的に応じて前後スポイラーの形態をセットで変化させる。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
「スタート」ステージとは前後スポイラーを格納した状態のこと。「スピード」では燃費を向上させ、「パフォーマンス」では最大のダウンフォースを得ることを目的とする。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
「スタート」ステージとは前後スポイラーを格納した状態のこと。「スピード」では燃費を向上させ、「パフォーマンス」では最大のダウンフォースを得ることを目的とする。(クリックするとパフォーマンス時の形態が見られます)
インテリアデザインは「911カレラ」のものを踏襲。レザーシートが標準となる(写真は911ターボ)。
インテリアデザインは「911カレラ」のものを踏襲。レザーシートが標準となる(写真は911ターボ)。
「911ターボ」では、14方向電動調節式のスポーツシートが標準装備となる。
「911ターボ」では、14方向電動調節式のスポーツシートが標準装備となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る