日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)

派手だが誠実 2013.09.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?

4年で何が変わったか

かつて筆者が、この『webCG』で「フェアレディZ バージョンNISMO」を紹介したのは2009年。なんとあれから、丸4年もの歳月がたったということになる。
そして今回再び、この誌面でバージョンNISMOを紹介することになった。ただし面白いのは、その理由が性能のエボリューションによるものではない、ということである。

正式名称「フェアレディZ NISMO」。
簡単にいうと、今回のマイナーチェンジでこのモデルから“バージョン”の呼び名が取れた。「Version NISMO=ニスモ版」でなくなったことが、何を意味するのか?
つまりそれは、日産がこのたびNISMOというブランドを、正式に自社高性能モデルの名称に統一したことを意味する。同じ意図で名付けられたものとして、「ジュークNISMO」や「マーチNISMO」が挙げられる。

先ほども述べたように、このフェアレディZ NISMOの中身は、以前となんら変わりはない。正確にいうと、2012年7月のマイナーチェンジ(ECUによる中速域のトルクの最適化)から、特に大きな変更はない。
ただし見た目はちょこっとお化粧直しが施された。赤く塗装されたブレーキキャリパーはマイナーチェンジ以降の通常モデルと共通だが、これまでボディーと同色だったフロントリップスポイラー、サイドスカート、サイドミラー、リアウイングがブラック塗装となり、どちらかといえばぼってりとした印象のボディーを、シャープに引き締めた。
インテリアではタコメーターの縁が赤く彩られ、ステアリングとシフトノブが「ポルシェ911 GT3」のようなバックスキンタイプになった。シートはこれまで通り、座面部分をパンチングタイプのスエード調素材に張り替えた革張りである。

ざっといえば「こんなところ」だ。
しかし今回の試乗には、個人的にはかなり興味があった。なぜなら2009年に登場したスポーツカーが、いま乗り手にどのような印象をもたらすのかが知りたかったからである。4年の歳月はこのスポーツカーの何を古くし、何を財産として残したのだろうか?


日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】の画像
搭載される3.7リッターV6エンジンは355psと38.1kgmを発生する。
搭載される3.7リッターV6エンジンは355psと38.1kgmを発生する。
本革とアルカンターラが巻かれたステアリングホイールには、赤いステッチとセンターマークが配される。
本革とアルカンターラが巻かれたステアリングホイールには、赤いステッチとセンターマークが配される。
シート表皮には本革とスエード調ファブリックが用いられる。
シート表皮には本革とスエード調ファブリックが用いられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る