エコでスポーティーな「VWポロ ブルーGT」登場

2013.09.10 自動車ニュース

エコでスポーティーな「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年9月10日、コンパクトハッチバック「ポロ」の新グレードとして「ポロ ブルーGT」を追加し、同日より販売を開始した。

従来のポロは、1.2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、優れた燃費性能が自慢の「TSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー」と、装備を充実させた「TSIハイライン」、1.4リッター“ツインチャージャー”を積むスポーツモデルの「GTI」、SUVスタイルを採り入れた「クロスポロ」というラインナップだった。

今回導入されたポロ ブルーGTは、ポロTSIハイラインとポロGTIの中間のグレードにあたり、「ゴルフTSIハイライン」に搭載される気筒休止システム「ACT(アクティブシリンダーマネジメント)」付きの1.4リッターターボエンジンを採用するのが特徴だ。ちなみに、ドイツ本国では、ゴルフよりも先にこのポロ ブルーGTが発売されており、このポロ ブルーGTがACTを採用した最初のフォルクスワーゲンということになる。

ACTは、運転状況により4気筒のうち2気筒を休止させることで燃料消費を低減するシステム。最高出力140ps、最大トルク25.5kgmの高性能を備えながら、デュアルクラッチトランミッションの7段DSGや、アイドリングストップ、ブレーキエネルギー回生システムを組み合わせることによって、JC08モード燃費は21.3km/リッターを達成した。これはTSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー(21.2km/リッター)を上回る数字で、シリーズトップの低燃費を実現している。エコカー減税(75%)の対象車となる。

優れた環境性能や経済性に加えて、スポーティーなスタイリングや上質なインテリアもこのクルマの見どころだ。エクステリアは、専用の前後バンパーやフロントグリル、リアスポイラー、ブラックドアミラーが装着されスポーティーさを強めるとともに、スポーツサスペンションと215/40R17タイヤ&アルミホイールの組み合わせにより、走りにも磨きをかけている。
一方、インテリアは、カラーコーディネートされたファブリック/アルカンターラのスポーツシートや、専用のレザー3本スポークステアリングホイールが上質さを演出している。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、ハイブリッドカーに迫る実燃費を誇るポロ ブルーGTを日本のコンパクトカー市場に投入することによって、日本車ユーザーのダウンサイザーを獲得したい考えだ。

価格は263万円。ボディーカラーは、専用色のブルーシルクメタリックのほか、キャンディホワイト、リフレックスシルバーメタリック、ディープブラックパールエフェクトの全4色。バイキセノンヘッドライト(12万6000円)とVolkswagen純正ナビゲーションシステム「712SDCW」(22万500円)がメーカーオプションとして用意される。

(文=生方聡)

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ホンダ、「N-ONE」のマイナーチェンジ情報をウェブで先行公開 2017.11.9 自動車ニュース ホンダが、12月にマイナーチェンジを予定している「N-ONE」の情報をウェブで先行公開した。N-ONEは2012年に登場したセダンタイプの軽乗用車で、今回の改良により、「Premium」や「RS」などイメージの異なる4つのモデルが設定されるという。
  • 第28回:ボルボXC40と恐るべきジーリーの野望 ボルボオシャレ革命! ウ... 2017.10.31 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記