第24回:思いもよらない出来事(前編)

2013.09.12 リーフタクシーの営業日誌

タクシーだと気付かない

東京都内を走るリーフタクシーの数はわずかに19台。都内の約6万台のタクシーのうちの19台である(第4回第10回第17回)。
極めて珍しいタクシー。しかも「トヨタ・クラウン」やら「日産セドリック」やら、多くの人が「タクシー」と認識している車種とはまるで別物の格好をしているタクシー。それゆえに、リーフタクシーで営業にでると、ときどき、あるいは、ごくまれに、思いもよらない出来事が起こったりするのである。

まずは「ときどき」の話から……。

またかよ、と、リーフタクシーの運転手はがっくりきた。

ハンドル時間が朝から夕方までの昼勤(週に5~6乗務する)運転手(=矢貫 隆)にとって、勝負の時間帯は早朝と夕方である。それなのに寝坊。出庫した時点で、もう朝の通勤客の姿などほとんどない9時をずいぶん過ぎてしまっていた。

いつものごとく、川越街道を池袋方面に向かってひた走った。
いたッ。客だ。

朝の客はもういないと諦めて走りだしたところで見つけた客である。運転手としてはとてもうれしい。明らかに急いでいるふうの中年男性が、歩道から身を乗りだすようにして、やってくるタクシーを待ち構えているではないか。

ところが、この男、俺が目の前に差しかかっても手を挙げようとしなかった。
ツッ、と舌打ちした運転手(=矢貫 隆)は、仕方なしに男の前を通り過ぎ、念のためにルームミラーで確認である。案の定だ。男は、俺の後からやってきた赤いタクシーを止めていた。

やっぱり……、と、落胆する運転手。
だが、環七との交差、板橋中央陸橋を越えたところでタクシーを待つ男を発見して気を取り直した。遅めの出勤のサラリーマン、行き先は池袋駅、とみた。
ここからだと料金は1000円ちょい。朝いちで1000円超えだと縁起がいいと験を担ぐ運転手(=俺)としては、おッ、幸先がいいんじゃないの、とか思うわけである。よし、今日はラッキーかも、と。

ところが、なのだった。この男も手を挙げない。しかも、運転手の推測どおり、ルームミラーには「えッ!? 今の黒いクルマ、タクシーだったの?」みたいな顔でこっちを見ている男が映っていた。その理由がわかっているだけに、運転手としては、またかよ、と、ガックリきてしまうわけである。

(写真=荒川正幸)
(写真=荒川正幸)
矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

関連記事 ホームへ戻る