トヨタが「ランドクルーザープラド」を小変更

2013.09.10 自動車ニュース
「トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G」
「トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G」

トヨタが「ランドクルーザープラド」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2013年9月10日、SUV「ランドクルーザープラド」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

新色のダークグリーンマイカを選択した「ランドクルーザープラドTZ」。
新色のダークグリーンマイカを選択した「ランドクルーザープラドTZ」。
LEDヘッドランプ
LEDヘッドランプ
「TX“Lパッケージ”」には、新たに7人乗り仕様を追加した。
「TX“Lパッケージ”」には、新たに7人乗り仕様を追加した。
スピードメーターとタコメーターの間には、新たに大型カラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用した。
スピードメーターとタコメーターの間には、新たに大型カラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用した。

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやフロントバンパー、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプ、リアガーニッシュのデザインを変更。ヘッドランプには新たにLEDを採用した(「TX」「TX“Lパッケージ”」にオプション設定、「TZ」「TZ-G」に標準装備)。

一方インテリアでは、ファブリックシートの表皮の素材や、インテリアカラー、シートカラーを変更。フロントドアのウィンドウをはっ水加工のスーパーUVカットガラスとしたほか、メーターパネル内には、新たに車体の傾斜角や4WDシステムの駆動状況などを表示する、大型カラーTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイを装備した。

動力性能に関する部分にも手を加えており、足まわりではサスペンションのチューニングを変更することで、オンロードでの走行安定性や乗り心地を改善。また、走行環境に応じてトラクションやブレーキの制御を切り替える「マルチテレインセレクト」は、これまで「MUD&SAND」「LOOSEROCK」「MOGUL」「ROCK」の4種類だった走行モードに、新たに「ROCK&DIRT」を追加設定した。

このほかにも、「TX“Lパッケージ”」にはこれまでの5人乗り仕様に加え、新たに7人乗り仕様を追加。ボディーカラーは新色のアティチュードブラックマイカ、ブロンズマイカメタリック、ダークグリーンマイカ、ダークブルーマイカを含む、全10色の設定となった。

ラインナップと価格は以下の通り。
・TX(5人乗り):318万円
・TX“Lパッケージ”(5人乗り):362万円
・TX(7人乗り):333万円
・TX“Lパッケージ”(7人乗り):377万円
・TZ(7人乗り):425万円
・TZ-G(7人乗り):490万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザープラドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
ホームへ戻る