第313回:「さびた陸橋」に見る、大人の国イタリアのセンスとは

2013.09.13 エッセイ

「太陽の道」で気になるアレ

アウトストラーダA1号線「太陽の道」といえば、イタリアを代表する高速道路である。日本の自動車雑誌でもたびたび美しく紹介されるこの幹線道路だが、フィレンツェーボローニャ間のアペニン山脈区間は、全ルートのなかで一番の難所である。狭い幅員の片側2車線道路がひたすら続く。カーブの曲率は高速道路のものとは思えないきつさだ。イタリア物流の大動脈となる道路ゆえ、走行車線には大型トラックが延々と連なる。

「コーナを攻める!」などという言葉とは無縁の路上穏健派であるボクとしては、運転していてこの区間に差し掛かるたび、「ああ、イタロ(イタリアの高速鉄道)に乗ってくればよかったぜ」とため息をつく。

歴史をたどると、この区間の開通は半世紀以上前の1960年だ。その頃のイタリアといえば、1955年に発売された「フィアット600」や1957年にデビューした「フィアット500」によって、ようやく人々がモータリゼーションの仲間入りを果たした時代である。そうしたクルマがトコトコ走っていた道を、今では、何倍も速いクルマが、何倍も多く走っているのだから、これは無理がある。

そんなわけでようやく近年、拡幅工事が進められるようになったのだ。すでにフィレンツェの平野部は、作業が容易なことから工事がほとんど終わっていて、渋滞がかなり解消された。

おっと、前置きが長くなってしまったが、ここからが今回の本題である。

そうしたアウトストラーダの拡幅に合わせ、新しい陸橋がいくつもできたのだが、ある共通の特徴がある。何かといえば、「茶色くさびている」ことだ。

フィレンツェにて。アウトストラーダA1号線の3車線化工事を機会に完成した陸橋は、さびている。
フィレンツェにて。アウトストラーダA1号線の3車線化工事を機会に完成した陸橋は、さびている。
できた当初からさびていた。
できた当初からさびていた。
ドライバーの目をトンネル内の暗さに慣れさせるためのシェードも。それは耐候性鋼だった。
ドライバーの目をトンネル内の暗さに慣れさせるためのシェードも。それは耐候性鋼だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。