「ホンダ・シビック」にワゴンモデル登場【フランクフルトショー2013】

2013.09.11 自動車ニュース
「ホンダ・シビック ツアラー」
「ホンダ・シビック ツアラー」

【フランクフルトショー2013】「ホンダ・シビック」にワゴンモデル登場

本田技研工業は2013年9月10日、フランクフルトモーターショー(開催期間:9月10日~22日)において新型ワゴン「シビック ツアラー」を発表した。

「シビック(5ドア)」の2014年モデル。
「シビック(5ドア)」の2014年モデル。
2013年夏に実施された、現在開発中の「シビック タイプR」のテスト風景。
2013年夏に実施された、現在開発中の「シビック タイプR」のテスト風景。

シビック ツアラーは、日本には導入されていない現行型「シビック」のワゴンモデルである。パワーユニットにはディーゼルエンジンの1.6リッターi-DTECを採用しており、99g/kmというCO2排出量を実現。荷室容量はCおよびDセグメントでトップクラスの624リッターを誇る。また、欧州で販売されるホンダ車として、サスペンションに新技術の「アダプティブダンパーシステム」が初めて採用された。

このほかにも、ホンダは今回のフランクフルトショーに「シビック(5ドア)」の2014年モデルを出展。また、2015年の欧州発売に向けて開発を進めている「シビック タイプR」の、ニュルブルクリンクでのテスト映像を公開した。同車には新型の2リッターターボエンジンを搭載しており、最高出力は280ps以上を目指すとしている。

(webCG)
 

関連記事 ホームへ戻る