ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)

スタイル自慢のフレンチハッチ 2013.09.19 試乗記 実用ハッチバックとは思えない大胆なデザインを身にまとった新型「ルーテシア」。その走りと実用性を確かめた。

日本でもブレークしそう

いままで「ルーテシア」が日本市場でパッとしなかった最大の理由は、ズバリ、カッコだと思う。「ルノースポール」は高性能モデルの力技で一部愛好家にウケたかもしれないが、フツーのルーテシアはデザインがわかりにくかった。旧型がどんなカタチだったか、思い出せますか? 中身は大したことなかったのに、インパクトのあるカッコで売れた「プジョー206」の例を思い起こすと、残念なフレンチコンパクトであった。

しかし、4代目の新型はついに日本でもブレークしそうだ。カッコイイ! リアの隠しドアハンドルや、バックスタイルそのものには「アルファ147」の既視感を覚えるが、サイドパネルの下方を女性のウエストのように絞ったところなどは、実用ハッチバックとは思えない大胆さだ。全長4095mm、全幅1750mmという、Bセグメントとしては少し大き目のサイズをもらって、新しいデザイナーが自由に腕をふるった。新型「カングー」には強引に映る新世代ルノーのフロントマスクも、このクルマにはあつらえたように似合う。

1エンジン3グレードのシリーズで、試乗したのは最上級の「インテンス」(238万円)である。たっぷりしたシートに腰を下ろすと、ピラー類が細くて、前方視界がいい。お買いものグルマとしては高ポイントだ。
計器盤のデザインはユニークというか、やや奇をてらいすぎの感あり。肝心の情報が読み取りにくい。車載コンピューターによる平均燃費の表示は、日本人にはなじみの薄い「○○リッター/100km」方式。「○○km/リッター」を求めるためには計算しないといけない。より多くの人に乗ってもらうためにも、こういうところはどんどん日本仕様化を進めてもらいたい。

新型「ルーテシア」のデザインを担当したのはローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏。
新型「ルーテシア」のデザインを担当したのはローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏。
特徴的なフロントエンドのデザインは、今後ルノーの全モデルに展開されるという。
特徴的なフロントエンドのデザインは、今後ルノーの全モデルに展開されるという。
楕円(だえん)でまとめられたメータパネル。左が回転計、中央はデジタル表示の速度計、右が燃料計となる。
楕円(だえん)でまとめられたメータパネル。左が回転計、中央はデジタル表示の速度計、右が燃料計となる。
 
ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る