スバルWRX STI tS TYPE RA NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/6MT)

うたい文句に偽りなし 2013.09.20 試乗記 受注期間の終了を待たず、発売からわずかひと月で完売となった「スバルWRX STI tS TYPE RA」。STIが磨き上げた300台限定のコンプリートカーの走りを、あらためて検証する。

合言葉は「切れのある走り」

運転してわかるベース車との最大の違いは、要約すると「力が途中でどこかへ逃げていないこと」。例えばハンドルを回すと、スッと前輪に舵角(だかく)がつく。手応えにグニャ感やあいまいさやあてどない感じがない。真っすぐよし、曲がってよし。あるいは、リアタイヤが路面の凸を踏んで動いたら比較的、またはかなり、そのとおりにダンパーが動く。動ける。アームの付け根のゴムブッシュの変形に邪魔されることがないぶん、乗り心地や操縦性や安定性が……つまり接地性がいい。タイヤをキレイに路面へくっつけておくことができている。
そうなるように、車体骨格やアシまわりのあちこちに“タマ”を仕込んである。STIが手を入れた一連のコンプリートカー、限定スペシャル物件群における、そのへんが共通の特徴ないし特長であるといっていいでしょう。

で、「tS TYPE RA」。今回の趣向というかウリは、ハンドリングの「キレのよさ」。「キレ味のよさ」だったかもしれない。とにかく、そっち方面の気持ちよさを強調することを、作り手というか仕上げ手としては狙った。スペック上、端的なところで、ステアリングのレシオが11:1の“クイック”なものになっている。ベース車は13:1。2年かもっと前に出た「S206」のときは、その13:1からもっと“スロー”側へ振って15:1だった。

ステアリングのレシオが“クイック”になると、簡単な話、いつもと同じカーブを曲がる際にいつもより小さい角度しかハンドルを回さなくてよくなる。そのかわり、操作に要する力は少し大きくなる。
梃子(てこ)でいうと、レシオの速い遅いは支点の位置の違いに相当する。ここでもし力点と作用点のちょうど真ん中に支点があるのがレシオ=13:1だとすると、15:1は支点がタイヤ寄り。11:1は支点がハンドル寄り。ドライバーがハンドルを回して前輪の切れ角を変える場合はハンドル側が力点でタイヤ側が作用点。路面の傾きや凹凸をタイヤが踏んでそれによってハンドルがとられる場合は、タイヤ側が力点でハンドル側が作用点。

「スバルWRX STI tS TYPE RA」は、「WRX STIスペックC(4ドア)」をベースにSTI(スバルテクニカインターナショナル)が開発した300台限定のコンプリートカーだ。


	「スバルWRX STI tS TYPE RA」は、「WRX STIスペックC(4ドア)」をベースにSTI(スバルテクニカインターナショナル)が開発した300台限定のコンプリートカーだ。
外観上の特徴は、専用のフロントアンダースポイラーやブラック塗装のドアミラーなど。テスト車はカーボン製のサイドアンダースポイラーやトランクスポイラーなど、STI製のディーラーオプションを装着していた。
外観上の特徴は、専用のフロントアンダースポイラーやブラック塗装のドアミラーなど。テスト車はカーボン製のサイドアンダースポイラーやトランクスポイラーなど、STI製のディーラーオプションを装着していた。
インテリアでは、本革巻きの専用ステアリングホイールやシフトノブ、「tS」のロゴ入りサイドシルプレートなどがベース車との違い。
インテリアでは、本革巻きの専用ステアリングホイールやシフトノブ、「tS」のロゴ入りサイドシルプレートなどがベース車との違い。
テスト車は、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車のイメージを取り入れた200台限定の「NBR CHALLENGE PACKAGE」。
テスト車は、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車のイメージを取り入れた200台限定の「NBR CHALLENGE PACKAGE」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.19 試乗記 高性能スポーツセダンの「スバルWRX STI」をベースに、エンジン、制御システム、ボディー、シャシー、内外装と、STIが余すところなく独自の改良を施したコンプリートカー「S207」。400台限定のスペシャルモデルならではの、“ツルシのWRX STI”との違いを明らかにする。
  • スバルWRX STI S207(4WD/6MT)【試乗記】 2015.12.10 試乗記 高性能スポーツセダン「スバルWRX STI」をベースに、スバルのモータースポーツ活動を行うSTIが余すところなくチューニングを施したコンプリートカー「S207」。「究極のロードゴーイングSTI」とうたわれる、400台限定のスペシャルモデルの実力を試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
ホームへ戻る