スバルWRX STI tS TYPE RA NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/6MT)

うたい文句に偽りなし 2013.09.20 試乗記 受注期間の終了を待たず、発売からわずかひと月で完売となった「スバルWRX STI tS TYPE RA」。STIが磨き上げた300台限定のコンプリートカーの走りを、あらためて検証する。

合言葉は「切れのある走り」

運転してわかるベース車との最大の違いは、要約すると「力が途中でどこかへ逃げていないこと」。例えばハンドルを回すと、スッと前輪に舵角(だかく)がつく。手応えにグニャ感やあいまいさやあてどない感じがない。真っすぐよし、曲がってよし。あるいは、リアタイヤが路面の凸を踏んで動いたら比較的、またはかなり、そのとおりにダンパーが動く。動ける。アームの付け根のゴムブッシュの変形に邪魔されることがないぶん、乗り心地や操縦性や安定性が……つまり接地性がいい。タイヤをキレイに路面へくっつけておくことができている。
そうなるように、車体骨格やアシまわりのあちこちに“タマ”を仕込んである。STIが手を入れた一連のコンプリートカー、限定スペシャル物件群における、そのへんが共通の特徴ないし特長であるといっていいでしょう。

で、「tS TYPE RA」。今回の趣向というかウリは、ハンドリングの「キレのよさ」。「キレ味のよさ」だったかもしれない。とにかく、そっち方面の気持ちよさを強調することを、作り手というか仕上げ手としては狙った。スペック上、端的なところで、ステアリングのレシオが11:1の“クイック”なものになっている。ベース車は13:1。2年かもっと前に出た「S206」のときは、その13:1からもっと“スロー”側へ振って15:1だった。

ステアリングのレシオが“クイック”になると、簡単な話、いつもと同じカーブを曲がる際にいつもより小さい角度しかハンドルを回さなくてよくなる。そのかわり、操作に要する力は少し大きくなる。
梃子(てこ)でいうと、レシオの速い遅いは支点の位置の違いに相当する。ここでもし力点と作用点のちょうど真ん中に支点があるのがレシオ=13:1だとすると、15:1は支点がタイヤ寄り。11:1は支点がハンドル寄り。ドライバーがハンドルを回して前輪の切れ角を変える場合はハンドル側が力点でタイヤ側が作用点。路面の傾きや凹凸をタイヤが踏んでそれによってハンドルがとられる場合は、タイヤ側が力点でハンドル側が作用点。

「スバルWRX STI tS TYPE RA」は、「WRX STIスペックC(4ドア)」をベースにSTI(スバルテクニカインターナショナル)が開発した300台限定のコンプリートカーだ。


	「スバルWRX STI tS TYPE RA」は、「WRX STIスペックC(4ドア)」をベースにSTI(スバルテクニカインターナショナル)が開発した300台限定のコンプリートカーだ。
外観上の特徴は、専用のフロントアンダースポイラーやブラック塗装のドアミラーなど。テスト車はカーボン製のサイドアンダースポイラーやトランクスポイラーなど、STI製のディーラーオプションを装着していた。
外観上の特徴は、専用のフロントアンダースポイラーやブラック塗装のドアミラーなど。テスト車はカーボン製のサイドアンダースポイラーやトランクスポイラーなど、STI製のディーラーオプションを装着していた。
インテリアでは、本革巻きの専用ステアリングホイールやシフトノブ、「tS」のロゴ入りサイドシルプレートなどがベース車との違い。
インテリアでは、本革巻きの専用ステアリングホイールやシフトノブ、「tS」のロゴ入りサイドシルプレートなどがベース車との違い。
テスト車は、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車のイメージを取り入れた200台限定の「NBR CHALLENGE PACKAGE」。
テスト車は、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車のイメージを取り入れた200台限定の「NBR CHALLENGE PACKAGE」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る