新型コンセプト「日産インビテーション」登場【ジュネーブショー2012】

2012.03.08 自動車ニュース
「日産INVITATION(インビテーション)」
次世代「日産ノート」? 「インビテーション」お披露目

【ジュネーブショー2012】次世代「日産ノート」? 新型コンセプト「インビテーション」お披露目

日産自動車は、2012年3月6日のプレスデイで開幕したジュネーブモーターショーにおいて、次世代コンパクトカーのコンセプトモデル「INVITATION(インビテーション)」をお披露目した。

「インビテーション」は、Bセグメントに属するコンパクトカーのコンセプトモデル。コンセプトモデルとはいうものの、決してハメを外していない外見からもわかるように市販を前提としたモデルであり、これをベースとした量産車は2013年にヨーロッパで市販されることが明らかにされている。

「マーチ」と同じ軽量で高剛性のVプラットフォームに構築される5ドアハッチバックボディーは、一見したところではあまり新味は感じられないが、「スカッシュライン」と呼ばれるサイドのキャラクターラインと、彫刻的なフロントおよびリアのウイングが特徴。エネルギッシュなシルエットとクラストップの空力性能を併せ持ち、燃費の向上にも貢献しているという。サイズは全長4150mm、全幅1740mm、全高1470mm。ラインナップ上は「ノート」の後継モデルと目されているが、このままのサイズで市販されると、日本の5ナンバー枠には収まらないことになる。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビーム式。路面からのノイズや振動の伝達を低減すべく、前後ともサブフレームに取り付けられている。パワートレインや動力性能に関しては、クラストップレベルの低燃費と低排出ガスを達成しているというだけで、具体的な説明はなされていない。

日産の商品企画本部のフランソワ・バンコン副本部長によれば、「インビテーション」は感性に訴えかける力強いエクステリア、広々として心地よいインテリア、先進的な安全機能、クラストップレベルの低排出ガスと燃費、そしてダイナミックなパフォーマンスが融合した魅力的(inviting)なモデルであり、コンパクトハッチバックを求める顧客への日産からの招待状(invitation)だという。

(文=沼田 亨/写真=新井一樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。