マツダが「スクラムトラック」をモデルチェンジ

2013.09.13 自動車ニュース

「マツダ・スクラムトラック」


	「マツダ・スクラムトラック」

マツダが「スクラムトラック」をモデルチェンジ

マツダは2013年9月13日、軽トラックの「スクラムトラック」をフルモデルチェンジし、同年9月20日に発売すると発表した。

 
マツダが「スクラムトラック」をモデルチェンジの画像

マツダ・スクラムトラックは、スズキからOEM供給される「キャリイ」の姉妹モデルである。今回のフルモデルチェンジは2013年8月に実施されたキャリイのモデルチェンジに伴うもので、車体のレイアウトを見直すことで3.6mの最小回転半径を実現。居住空間の拡大とトップクラスの荷台フロア長の確保を両立した。

また、高張力鋼板の採用による車体の軽量化や新型エンジンの採用などにより、「KCエアコン・パワステ」(FR・5MT車)では、18.6km/リッター(JC08モード)という燃費性能を実現。安全性や耐久性も重視しており、56km/hのオフセット衝突法規に対応したほか、防錆(ぼうせい)対策の強化により、荷台を含むボディー外板の表面サビ3年、穴あきサビ5年の長期サビ保証を実現している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・KCエアコン・パワステ(5MT):78万4350円(FR)/92万9250円(4WD)
・KCエアコン・パワステ(3AT):86万4150円(FR)/100万9050円(4WD)
・KCパワステ(5MT):84万7350円(4WD)
・KX(3AT):117万1800円(4WD)
・KCパワステ農繁(5MT):87万3600円(4WD)

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダの新型スクラムバン、スクラムワゴン発売 2015.3.10 自動車ニュース マツダの軽ワンボックスが新型に。クラストップレベルの広さと燃費を実現。
  • マツダ、「スクラム」シリーズを一部改良 2000.5.26 自動車ニュース マツダは、軽自動車「スクラム」シリーズを一部改良し、5月24日より発売した。今回の改良では、主に安全装備の充実が図られている。トラック「KL」を除くすべての車種について、運転席及び助手席SRSエアバッグシステム、4W-ABS、前席プリテンショナー機構付シートベルト等を標準装備、またはメーカーオプション設定した。「大人4人がゆったりとくつろぐことのできる室内空間」ということがセリングポイントの「ワゴン」では、エンジン性能と外観の質感を向上させている。エンジンでは、主に高速域での性能を向上させるために、ノックセンサー及び過給圧制御装置を追加し、インタークーラー取付位置を変更した。外観面では、フロントグリル、ボンネット、バンパーなどのデザインの変更、リアスライドドアレールのメッキ化、ハロゲンタイプヘッドライトからマルチリフレクタータイプヘッドライトへの変更などが施されている。「バン」「トラック」では機種体系の見直しを行なうとともに、一部機種については値下げを実施している。価格は、「ワゴン」の2WD車が114.5万円、4WD車が153.3万円。「バン」の2WD車が78.8万円、108.4万円。「トラック」の2WD車が55.5万円、4WD車が93.5万円となる。 マツダ、「スクラム」サイト: http://lineup.mazda.co.jp/RV/scrum/
  • マツダ、「スクラムワゴン」と「スクラムバン」を一部改良 2007.7.30 自動車ニュース マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」と軽商用車「スクラムバン」の仕様を一部変更、2007年7月30日から販売する(「スクラムワゴン」「スクラムバン」は、いずれも「スズキ・エブリイワゴン」「エブリイ」のOEMモデルである)。
  • スズキ・キャリイKCエアコン・パワステ(FR/5AT)【試乗記】 2014.12.5 試乗記 スズキ独自のシングルクラッチ式2ペダルMTを搭載した「スズキ・キャリイ」が登場。トランスミッションの出来栄えと、最新の軽トラックの実力を試した。
  • マツダ、軽乗用「スクラムワゴン」&軽商用「スクラムバン」をフルモデルチェンジ 2005.9.14 自動車ニュース マツダは、軽乗用車「スクラムワゴン」とその商用車「スクラムバン」(いずれも「スズキ・エブリイワゴン/エブリイ」のOEM版)をフルモデルチェンジし、2005年9月13日に発売した。
ホームへ戻る