「水野和敏的視点」 vol.15「ポルシェ・ボクスターS」(前編)

2013.09.13 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.15「ポルシェ・ボクスターS」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。ポルシェのラインナップにおける「ボスクター」の存在意義とは? その魅力とは? “ミスターGT-R”があらためて考えた。



ポルシェ・ボスクターS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円

■形態は機能に従う

今回は、「ポルシェ・ボクスター」を取り上げます。ボクスターは、ポルシェのいわばエントリーモデルにして、昨2012年にフルモデルチェンジを果たしたばかり。試乗車は、「ボクスターS」の6段MTモデルとしました。
2.7リッターフラット6(265ps、28.6kgm)を積む「ボクスター」に対して、「ボクスターS」は3.4リッター(315ps、36.7kgm)を搭載しています。車両本体価格は、ボクスターが596万円で、ボクスターSが740万円です。

新しいボクスターは、デザインだけでなく、それと併せて空力面も一段と洗練されましたね。ヘッドランプから始まる稜線(りょうせん)からテールの可動式スポイラーまで、全体のフォルムからして、ボディー上面と側面を行く空気の流れがリアでキレイに分離されるよう設計されています。
エアロダイナミクスの進化とデザインの変化が対になっているところが、ポルシェのポルシェたる由縁ですね。

一方で、個々のパーツにもきちんと手が入っています。ヘッドランプやテールランプも二重レンズを使って、立体感を出していますし、内部にも真空蒸着メッキが施され、光る部分とツヤ消し部分が分けられ、さらに黒の差し色が入っています。
大きく見て3工程も掛けて、従来のイメージを残しながら、新しい、質感のある作りを実践しています。手は抜いてませんね。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る