BMWが「i3」と「i8」の市販型を発表【フランクフルトショー2013】

2013.09.13 自動車ニュース
BMW iブランドが本格始動。「i8」と「i3」の量産型がお披露目された。
BMW iブランドが本格始動。「i8」と「i3」の量産型がお披露目された。

【フランクフルトショー2013】BMWが「i3」と「i8」の市販型を発表

今回のフランクフルトショーで最も意欲的、かつ理想主義的な発表を行ったのはBMWだろう。いよいよ電気自動車(EV)の「i3」と、プラグインハイブリッドスポーツの「i8」の市販型を発表。「(電気で)駆けぬける歓び」を提案したのだ!

ずらりと並んだ小型EVの「i3」。
ずらりと並んだ小型EVの「i3」。
展示会場内に設置された“空中回廊”を行く「i3」。
展示会場内に設置された“空中回廊”を行く「i3」。
プラグインハイブリッドスポーツの「i8」。米国価格は13万5925ドル(約1350万円)であることが明らかにされた。
プラグインハイブリッドスポーツの「i8」。米国価格は13万5925ドル(約1350万円)であることが明らかにされた。
「BMW i8」
「BMW i8」

■理想主義に共感

2013年のフランクフルトショーは、BMWが市販型「i3」と「i8」を展示したショーとして後世、記憶されることになるだろう。メッセ内を走り回るシャトルサービスのi3は、子ブタのようで愛らしいけれど、EVだからぶーぶーいわない! ほとんど無音だ。BMWが構えた11号館の中では、空中回廊のようなコースが設けられていて、そこをけっこうな速度で、これまた無音で走り回っている。未来はかくも静かなのか。

電気自動車が新しいわけではない。BMW iブランドが新しいのだ。製造工程にまで、水力や風力発電などの自然エネルギーを導入するなど、サステイナビリティーのコンセプトを徹底している。じつのところ、その本当の効果は筆者にはわからない。けれど、いま考えられることをすべてやる。その理想主義的な試みに共感しない者はいないだろう。

■「i3」の日本価格は500万円弱?

チェンジ・ザ・ワールド。エリック・クラプトンも絶対買うに違いない(知らないけど)ゼロ・エミッション・モビリティーの理想主義的シティーカー、BMW i3。全長4m弱で車重1200kg程度と、EVとしては軽量を誇る。その秘密は、三菱レイヨンの量産用CFRPを使った、超軽量にして堅固なパッセンジャーセルにある。170psと250Nm(25.5kgm)のモーターをリアに搭載、最高速度は150km/hと十分以上、0-100km/h加速は7.2秒の俊足を誇る。満充電での航続距離は160km程度ながら、発電用の650cc 2気筒エンジンを搭載すれば、300kmまで延ばすことができる。EVなら当然、化石燃料の使用はゼロ、エンジン搭載の「レンジエクステンダー」ならEUモードで0.6リッター/100km。リッター166km! 後輪駆動というところが「駆けぬける歓び」のBMWらしい。日本でも間もなく発表になる。発売は2014年。価格は500万円弱か?

シティーカーのi3に対して、i8はプラグインハイブリッドの2+2スポーツカー! ミドに搭載された1.5リッター3気筒ガソリンターボエンジンは231psと320Nm(32.6kgm)を発生し、後輪を駆動する。フロントを駆動するモーターは131psと250Nm。都市内ではEV、町を出たら、合計362ps、570Nm(58.1kgm)という強力なパワー&トルクでアウトバーンをぶっ飛ばせる。新世代の「ポルシェ911」イーターか? モーターだけでも35km走行できる。iブランドは、製造に必要な電力を風力などで発電する能力を持つライプチヒ工場で生産される。

「BMWコンセプトX5 eDrive」
「BMWコンセプトX5 eDrive」
「BMWコンセプト アクティブ ツアラー アウトドア」
「BMWコンセプト アクティブ ツアラー アウトドア」
「3シリーズ」の2ドアクーペが「4」のナンバーを与えられて独立したのは、すでにご承知の通り。6気筒と、2種類の4気筒がドイツでは用意されている。「M4」の姿がなかったのが残念。
「3シリーズ」の2ドアクーペが「4」のナンバーを与えられて独立したのは、すでにご承知の通り。6気筒と、2種類の4気筒がドイツでは用意されている。「M4」の姿がなかったのが残念。

■新型「X5」にプラグインハイブリッドの予告編

プレミアムSUVのパイオニア、「X5」は早くも第3世代に突入している。デザインは現状維持路線をとりつつ、90kgのダイエットに成功、スポーツ性能と燃費を向上させているという。「コンセプトX5セキュリティープラス」という、AK-47自動小銃による攻撃からも乗員を守る装甲仕様のコンセプトも展示されていたらしいけれど、筆者は見逃した。単なるイメージ戦略だけでなく、現実にそういうモノが必要な世界があるということなのだろう。
平和仕様のコンセプトが、こちらのプラグインハイブリッド「コンセプトX5 eDrive」。120km/hまでEVとして走行でき、EUモードで3.8リッター/100km(約26.3km/リッター)という、SUVとしてはりっぱな低燃費を誇る。

そして自転車を室内に2台積んで展示された「コンセプト アクティブ ツアラー アウトドア」は、昔だったら「マルチパーパス」と表現されたような広い室内とをもつコンパクトカーである。95psの4気筒ターボとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドのコンセプト。その正体は、「MINIカントリーマン(日本名:クロスオーバー)」のプラットフォームを用いたBMW版と目される。「メルセデス・ベンツGLAクラス」のライバルとなるのは必定。名勝負数え歌は続く……。

(文=今尾直樹/写真=今尾直樹、BMW、IAA)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
ホームへ戻る