アバルトから2台の限定モデル【フランクフルトショー2013】

2013.09.13 自動車ニュース
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」

【フランクフルトショー2013】アバルトから2台の限定モデル

フィアットグループで元気がよかったのがアバルト。「595」のデビュー50周年を記念するスペシャルモデルなどを発表して、ラインナップに華を添えた。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アルファ・ロメオ4C」
「アルファ・ロメオ4C」
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。

■「595 50° アニヴェルサリオ」は299台限定

ブランドの出自に立ち戻ったと言うべきか、ホイールやマフラー、ステアリング、ペダル類などのアクセサリーを多数展示していたアバルト。ブースの主役は「595」のデビュー50周年(オリジナルの「アバルト595」は1963年デビュー)を記念した「595 50° アニヴェルサリオ」だった。
299台の限定車で、ボディーはつや消し白に赤いストライプという、記念モデルらしいおめでたいカラーリングである。シートとインテリアも同じカラーコンビネーションとなり、シートのバックレストには車名の「595」が赤い糸で刺しゅうされている。1.4リッターターボユニットは180psを発生する。

また、「695エディツィオーネ マセラティ」の第2弾となる“レコルドグレー”バージョンを発表。49台限定で発売する。第1弾のボディーカラーが“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(ワインレッド)だったの対し、こちらはその名にもあるとおりグレー(ガンメタリック)。キャンバストップは黒で、シートはビスケットを思わせるベージュとなる。

一方、同じフィアットグループのアルファ・ロメオは、「4C」を中心に置いた展示を行った。4C自体はすでに発表済みであるために、今回はその軽量な構造のアピールに力を入れていた。4Cの車重は乾燥重量で895kgしかない。240psを発生する1.75リッターの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速が4.5秒。最高速は258km/hと発表されている。

(文と写真=金子浩久)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595ツーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る