アバルトから2台の限定モデル【フランクフルトショー2013】

2013.09.13 自動車ニュース
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」

【フランクフルトショー2013】アバルトから2台の限定モデル

フィアットグループで元気がよかったのがアバルト。「595」のデビュー50周年を記念するスペシャルモデルなどを発表して、ラインナップに華を添えた。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アルファ・ロメオ4C」
「アルファ・ロメオ4C」
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。

■「595 50° アニヴェルサリオ」は299台限定

ブランドの出自に立ち戻ったと言うべきか、ホイールやマフラー、ステアリング、ペダル類などのアクセサリーを多数展示していたアバルト。ブースの主役は「595」のデビュー50周年(オリジナルの「アバルト595」は1963年デビュー)を記念した「595 50° アニヴェルサリオ」だった。
299台の限定車で、ボディーはつや消し白に赤いストライプという、記念モデルらしいおめでたいカラーリングである。シートとインテリアも同じカラーコンビネーションとなり、シートのバックレストには車名の「595」が赤い糸で刺しゅうされている。1.4リッターターボユニットは180psを発生する。

また、「695エディツィオーネ マセラティ」の第2弾となる“レコルドグレー”バージョンを発表。49台限定で発売する。第1弾のボディーカラーが“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(ワインレッド)だったの対し、こちらはその名にもあるとおりグレー(ガンメタリック)。キャンバストップは黒で、シートはビスケットを思わせるベージュとなる。

一方、同じフィアットグループのアルファ・ロメオは、「4C」を中心に置いた展示を行った。4C自体はすでに発表済みであるために、今回はその軽量な構造のアピールに力を入れていた。4Cの車重は乾燥重量で895kgしかない。240psを発生する1.75リッターの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速が4.5秒。最高速は258km/hと発表されている。

(文と写真=金子浩久)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595ツーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】NEW 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介NEW 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る