アバルトから2台の限定モデル【フランクフルトショー2013】

2013.09.13 自動車ニュース
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」
「アバルト595 50° アニヴェルサリオ」

【フランクフルトショー2013】アバルトから2台の限定モデル

フィアットグループで元気がよかったのがアバルト。「595」のデビュー50周年を記念するスペシャルモデルなどを発表して、ラインナップに華を添えた。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ レコルドグレー」
「アルファ・ロメオ4C」
「アルファ・ロメオ4C」
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。
カーボンとアルミからなる「4C」のランニングシャシー。

■「595 50° アニヴェルサリオ」は299台限定

ブランドの出自に立ち戻ったと言うべきか、ホイールやマフラー、ステアリング、ペダル類などのアクセサリーを多数展示していたアバルト。ブースの主役は「595」のデビュー50周年(オリジナルの「アバルト595」は1963年デビュー)を記念した「595 50° アニヴェルサリオ」だった。
299台の限定車で、ボディーはつや消し白に赤いストライプという、記念モデルらしいおめでたいカラーリングである。シートとインテリアも同じカラーコンビネーションとなり、シートのバックレストには車名の「595」が赤い糸で刺しゅうされている。1.4リッターターボユニットは180psを発生する。

また、「695エディツィオーネ マセラティ」の第2弾となる“レコルドグレー”バージョンを発表。49台限定で発売する。第1弾のボディーカラーが“ポンテヴェッキオ・ボルドー”(ワインレッド)だったの対し、こちらはその名にもあるとおりグレー(ガンメタリック)。キャンバストップは黒で、シートはビスケットを思わせるベージュとなる。

一方、同じフィアットグループのアルファ・ロメオは、「4C」を中心に置いた展示を行った。4C自体はすでに発表済みであるために、今回はその軽量な構造のアピールに力を入れていた。4Cの車重は乾燥重量で895kgしかない。240psを発生する1.75リッターの4気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速が4.5秒。最高速は258km/hと発表されている。

(文と写真=金子浩久)

関連キーワード:
595ツーリズモ695エディツィオーネ マセラティ4Cアバルトアルファ・ロメオフランクフルトモーターショー2013自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る