第199回:国産ショーファードリブンカー50年史(前編)

2013.09.17 エッセイ
1960年秋に登場した「日産セドリック カスタム」。全長4510mm、全幅1680mm、全高1510mm、ホイールベース2630mmというサイズのボディーに、88psを発生する直4 OHV 1.9リッターエンジンを搭載。価格は125万で、デラックス(101万5000円)より2割以上高かった。
1960年秋に登場した「日産セドリック カスタム」。全長4510mm、全幅1680mm、全高1510mm、ホイールベース2630mmというサイズのボディーに、88psを発生する直4 OHV 1.9リッターエンジンを搭載。価格は125万で、デラックス(101万5000円)より2割以上高かった。

既報のとおり、2013年9月初旬にデビューしたトヨタの新型「クラウンマジェスタ」は、“V6ハイブリッドを積んだ「クラウン」のロングホイールベース(以下LWB)版”となった。その路線変更を残念に思う旧来のマジェスタオーナーもいるのではないだろうか。なぜなら、これにより、新マジェスタはドライバーズカーからショーファードリブンカー、すなわちオーナーではなくお抱え運転手がドライブするクルマに比重を移したとも言えるからである。
この新クラウンマジェスタ登場にちなんで、ここで、半世紀以上にわたる国産ショーファードリブンカーの歴史について考察してみたい。

「セドリック カスタム」は同デラックス/スタンダードよりホイールベースが100mm延ばされ、後席前後方向のスペースが拡大。後席用ヒーターを備えたのも国産初だった。
「セドリック カスタム」は同デラックス/スタンダードよりホイールベースが100mm延ばされ、後席前後方向のスペースが拡大。後席用ヒーターを備えたのも国産初だった。
1963年に追加設定された「セドリック スペシャル」。ホイールベース2835mm、全長4855mmという長大なボディーに最高出力115psの直6 OHV 2.8リッターエンジンを積んだモデル。価格は108万円まで値下げされたカスタムより30万円高い138万円だった。
1963年に追加設定された「セドリック スペシャル」。ホイールベース2835mm、全長4855mmという長大なボディーに最高出力115psの直6 OHV 2.8リッターエンジンを積んだモデル。価格は108万円まで値下げされたカスタムより30万円高い138万円だった。
だいぶ人間が小さく描かれているが、ロングホイールベースの恩恵により後席の居住性は優れていた。ギアボックスは3段MTで、65年型から3段ATがオプション設定された。
だいぶ人間が小さく描かれているが、ロングホイールベースの恩恵により後席の居住性は優れていた。ギアボックスは3段MTで、65年型から3段ATがオプション設定された。
64年型からパワーウィンドウや前後のパワーシートがオプション設定された。写真のリアパワーシートは、ボタン操作でシート座面が75mm前進し、同時にバックレストがリクラインする。
64年型からパワーウィンドウや前後のパワーシートがオプション設定された。写真のリアパワーシートは、ボタン操作でシート座面が75mm前進し、同時にバックレストがリクラインする。
65年型「セドリック スペシャル」(上)と、最もベーシックな「セドリック1500スタンダード」(下)。両車はホイールベースが305mm、全長が365mm異なるが、全幅は同じ1690mm。エンジンは1500スタンダードの1.5リッターに対してスペシャルは2.8リッターと2倍近く、価格は72万円に対して145万円と2倍以上だった。
65年型「セドリック スペシャル」(上)と、最もベーシックな「セドリック1500スタンダード」(下)。両車はホイールベースが305mm、全長が365mm異なるが、全幅は同じ1690mm。エンジンは1500スタンダードの1.5リッターに対してスペシャルは2.8リッターと2倍近く、価格は72万円に対して145万円と2倍以上だった。

始まりは日産から

近代国産量産乗用車のパイオニアといえば、1955年に誕生した初代「トヨペット・クラウン」である。その初代クラウン、続いて登場した初代「プリンス・スカイライン」や初代「日産セドリック」といった当時の5ナンバーフルサイズ車は、法人、個人を問わずショーファードリブンに用いられていた。とはいうものの、同じボディーのスタンダード仕様が営業車(タクシー)にも大量に使われていたので、今で言うところのプレミアム感には乏しかった。

ハイヤーには使われるがタクシーには使われない、専用ボディーを持つ高級グレードの嚆矢(こうし)となったのは、1960年春に誕生した初代日産セドリックに、同年秋に追加設定された「セドリック カスタム」だろう。「カスタム」は既存のセドリックのホイールベースをBピラー後方で100mm延ばして2630mmとし、後席スペースを拡大したボディーに1.9リッターの直4エンジンを搭載した、日本初のLWB仕様だったのである。

セドリック カスタムは1962年のマイナーチェンジで再びボディーを延長、ホイールベースは当時の5ナンバー規格いっぱいの2690mmとなっていたが、翌63年にさらなるLWB版が追加された。
今度はスカットルより前を延ばして、ホイールベースをプラス145mmの2835mmとしたボディーの長いノーズに、戦後の国産乗用車としては初めて6気筒を採用した2.8リッターエンジン搭載。これまた戦後初の、専用ボディーを持った3ナンバーの普通乗用車となる「セドリック スペシャル」の登場である。

内外装もカスタムより一段と高級に仕立てられたスペシャルの全長は4855mmに達し、シリーズで一番短い1500スタンダード(4490mm)より40cm近く長かった。しかし全幅は変わらずに1690mmのまま。その結果現行車に例えると、長さは「ティアナ」(4868mm)並みなのに、幅は「ノート」(1695mm)よりわずかに狭いという、極端に縦長のプロポーションとなってしまった。
とはいうものの、後席2名乗車とすれば実用上のデメリットは少なく、また、これを除けば3ナンバー車は非常に高額な輸入車しか選択肢がなかったため、市場での評判はまずまずだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン マジェスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る