マツダ・アクセラスポーツ2.0 プロトタイプ(FF/6AT)/アクセラスポーツ1.5 プロトタイプ(FF/6AT)

待てば“Cセグ”の日和あり 2013.09.18 試乗記 新世代マツダ車の3番バッター、新型「アクセラ」のデビューが間近に迫った。スカイアクティブ・ガソリンユニットを搭載した5ドアハッチバックのプロトタイプを箱根で試し、市販モデルの仕上がり具合を占った。

「アテンザ」の縮小版にあらず

スカイアクティブ技術と「魂動」(コドウと読む)デザインを併せ持つ新世代マツダ車として、新型「アクセラ」は「CX-5」と「アテンザ」に続く第3弾に当たる。この新世代のクルマたち、マツダのスタッフが口をそろえて言うように、マーケットからかなり好意的に受け止められているようである。

ハイブリッドカーかコンパクトカーか、さもなければミニバンでないとなかなかランクインできない日本の新車販売ランキングにおいて、2013年1月~6月の通期でCX-5は19位(1万9784台)、アテンザは29位(1万2820台)に入った(自販連調べ)。
順位だけ見ればそれほどのニュースとは思えないかもしれないが、クルマが売れないこのご時世にCX-5は月販3000台、アテンザは同2000台で推移しているのだ。わが“ガラパゴスな自動車市場”で、1カ月に2000台規模で売れている中型のセダン&ワゴンなんてアテンザのほかに「スバル・レガシィ」ぐらいしかない。これはさりげなく「2013年の自動車界の出来事」のひとつであろう。

さてこの日、われわれの目の前にずらりと並んだアクセラは、いずれも5ドアハッチバックの「アクセラスポーツ」で、セダンの姿はなかった。見た目ではまんま量産仕様だが、すべてプロトタイプとのこと。加えてスペックも「予定値」という。
用意されたエンジンはラインナップの基本となる1.5リッターと2リッターのガソリン仕様で、2.2リッターディーゼルも、トヨタの技術が注がれているといわれる2リッターガソリンベースのハイブリッド仕様もなかった。今回は、これから始まる「アクセラ劇場」の、いわばプロローグといったところである。

間近から、そしてちょっと離れて眺めるアクセラスポーツのコドウ・デザインは、とてもバランスよくまとまっていた。「本来ならもっと大きく作るべきものを、無理やり小さくまとめました」的なアンバランスさは感じられない。つまりアテンザにはよく似ているけれども、その単なる凝縮版になってないということだ。あくまでアクセラはアクセラとして、最初から全長4.5mのスケールでデザインされたような自然さがある。

聞けば、アクセラのデザインは同じコドウでも、コンパクトカーらしい凝縮感や躍動感を表現しており、一から描き直しているそうである。ちなみに、サイドウィンドウのグラフィックとリアドアは、5ドアハッチとセダンで共通とのこと。美意識だけに没頭せず、合理性もしっかり追求されているわけである。

今回試乗したのは「アクセラスポーツ」のプロトタイプ。写真は2リッターエンジン搭載車で、イメージカラーの「ソウルレッドプレミアムメタリック」をまとう。
今回試乗したのは「アクセラスポーツ」のプロトタイプ。写真は2リッターエンジン搭載車で、イメージカラーの「ソウルレッドプレミアムメタリック」をまとう。
インパネデザインでは、ドライバーが走りに集中できる空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間の両立を目指した。
インパネデザインでは、ドライバーが走りに集中できる空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間の両立を目指した。
メーターフード前方の「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」には、車速やナビによる経路誘導などが表示される。
メーターフード前方の「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」には、車速やナビによる経路誘導などが表示される。
レザーシートにはオフホワイトとブラックの2色が設定される。
レザーシートにはオフホワイトとブラックの2色が設定される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る