スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)

真面目グルマの秘密兵器 2013.10.01 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。

「デュアルジェット!」と叫びたい

映画『パシフィック・リム』が、小学5年生の心を持つ全世界の男子をアツくさせている。日本の怪獣映画とロボットアニメをこよなく愛するギレルモ・デル・トロ監督の情熱が詰まった超娯楽大作だ。巨大ロボットが怪獣相手に必殺技を繰り出す時、観客も「エルボー・ロケット!」と声をそろえて叫ぶ。「スズキ・スイフト」に乗り込む時のかけ声は、もちろん「デュアルジェット!」でなければならない。これは、スズキが燃費向上のために繰り出した必殺技なのだ。

2010年8月のデビューから3年がたち、初のマイナーチェンジのテーマとなったのは低燃費技術である。その中核となるのが、「デュアルジェットエンジン」だ。デュアルインジェクション、つまり1気筒あたり2つのインジェクターを備えることで燃料噴射を精密にコントロールし、燃焼効率を向上させることを狙っている。アルファ・ロメオの「ツインスパーク」がプラグを2つにしたのと似ているようだが、デュアルジェットはハイパワーではなく省燃費が目的だ。

燃焼効率を改善するために圧縮比を上げていて、従来の11.0から12.0に向上させている。当然ノッキングしやすくなるが、それをデュアルジェットが抑制するわけだ。ほかにも燃焼室や吸気ポートの形状の見直し、EGR(排気再循環システム)クーラーの採用などでノッキングを抑えこんでいる。圧縮比を上げて低燃費を目指すというのは、「マツダ・デミオ」の「スカイアクティブ」と同じ発想だ。圧縮比はデミオが14.0と驚異的な数字でリード。しかし、JC08モード燃費ではスイフトが26.4km/リッターを実現して、デミオの25.0km/リッターを上回った。

熱効率を高めたという「K12B デュアルジェット」ユニット。1.2リッター直4エンジンは、最高出力91ps、最大トルク12.0kgmを発生する。
熱効率を高めたという「K12B デュアルジェット」ユニット。1.2リッター直4エンジンは、最高出力91ps、最大トルク12.0kgmを発生する。
外観では、フロントグリルやバンパー、フォグランプの形状が新しくなった。上級グレードの「XS」にはフォグランプの外側にLEDイルミネーションランプが備わる。
外観では、フロントグリルやバンパー、フォグランプの形状が新しくなった。上級グレードの「XS」にはフォグランプの外側にLEDイルミネーションランプが備わる。
新しい形状の16インチアルミホイール。タイヤサイズは185/55R16。
新しい形状の16インチアルミホイール。タイヤサイズは185/55R16。

スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る