クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)

日常になじむハイブリッド 2013.10.02 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。

空気のような存在感

セールス絶好調という「カローラ フィールダー ハイブリッド」。2013年8月6日の発売後、受注は1カ月で、目標の9倍ちかい2万2000台というからたいしたものだ。たしかに、室内も広く機能性にすぐれ、伝統的なデザインを好む層に強くアピールする内容だ。つまりもくろみどおりに、しっかりとマーケットを広げるのに成功したということだろう。

カローラ フィールダーのパワープラントは、1.5リッターの4気筒ガソリンエンジンに、リダクション機構つきの「THS II」ハイブリッドシステムを組み合わせたもの。システム全体の最高出力は100psとなる。同じエンジンに同じモーターを搭載する「アクア」などと同一のスペックだ。

同時に発表された姉妹車の「カローラ アクシオ」が4ドアセダンであるのに対して、カローラ フィールダーはステーションワゴン。セダン、ハッチバック、ミニバン、さらにトラックまで用意されているトヨタのハイブリッド・ラインナップのなかで、スポーツカーをのぞけば、唯一手つかずで残っていたカテゴリーだ。これまでハイブリッドにとびついてこなかった層をすくいあげるために、保守的な車型は、「プリウスα」より低い200万円台の前半の価格とともに、市場戦略の総仕上げの感がある。

後端がキックアップするサイドウィンドウのグラフィックスなど、微視的にみると、躍動感を生む処理がそこかしこに。欧米のステーションワゴンと比較すると、デザイン的な強い個性にはとぼしく、自動車好きにはものたりなく感じるが、薄い個性も、ハイエースの例にあるように、クルマを道具として考えるひとには、アリかもしれない。

プラットフォームを共有するアクアが文字通り「水」のようにクセのない透明感を持つとしたら、カローラ フィールダーはさしずめ空気だろうか。乗っての印象は、逆説的だが、“印象がない”という言葉がぴったりなように思えたほどだ。

外観における「カローラ ハイブリッド」とガソリン車との違いは控えめで、専用のフロントグリルやエンブレム程度。
外観における「カローラ ハイブリッド」とガソリン車との違いは控えめで、専用のフロントグリルやエンブレム程度。
    拡大
ボディーカラーは全9色の設定。テスト車に採用されていたライトブルーメタリックは、ハイブリッド車(HV)専用色だ。
ボディーカラーは全9色の設定。テスト車に採用されていたライトブルーメタリックは、ハイブリッド車(HV)専用色だ。
    拡大
インテリアでは、ブルーを基調としたメーターがHVの特徴。上級グレードの「ハイブリッドG」には、専用のインストゥルメントパネルやドアトリムなども採用している。
インテリアでは、ブルーを基調としたメーターがHVの特徴。上級グレードの「ハイブリッドG」には、専用のインストゥルメントパネルやドアトリムなども採用している。
    拡大
頭頂部にブルーの加飾が施された本革巻きシフトノブ。上級グレードの「ハイブリッドG」に装備される。
頭頂部にブルーの加飾が施された本革巻きシフトノブ。上級グレードの「ハイブリッドG」に装備される。
    拡大

「おもてなし」はほどほどに

カローラ フィールダーは、ドアの開閉から、いまひとつ覇気が感じられない。ノッチ式のヒンジではないのだろうか、ちょっと押すと、少し動いて止まる。閉めるときも、自重で閉まることはなく、最後まできちんと押して閉める必要がある。頼りない。しかし、必要なだけドアを開けることができる利便性と受け止めることもできると気がついた。

車内も歓迎ムードはあまりない。黒一色で、機能的なデザインだ。ダッシュボードは使い勝手がいいが、より便利にしようとか、こういう装備があればうれしいのではないか、といった提案は感じられず、シンプルだ。同じトヨタでも高級ラインとは真逆の姿勢だ。実用車であるカローラ的なありかたを受け継いでいる。

ハイブリッドであることは、メーターパネルでエネルギーフローや燃費を見ることができるのでわかるが、クルマの未来を感じさせるといった、かつての「プリウス」のような気負いは、探してもどこにも見当たらない。このナチュラル感は、ハイブリッドが当たり前になったことの証明ととることもできる。でもきっと、手軽な価格と保守的なスタイリングをもつこのクルマで、初めてハイブリッドに乗ってみようと思うユーザーも少なくないだろうから、もう少し演出過剰ぎみでもいいように思えた。

上級グレードの「ハイブリッドG」では、シートにも専用の表皮が採用される。
上級グレードの「ハイブリッドG」では、シートにも専用の表皮が採用される。
    拡大
走行用のニッケル水素バッテリーはリアシートの下に搭載。ガソリン車と同等の居住性と荷室容量を確保している。
走行用のニッケル水素バッテリーはリアシートの下に搭載。ガソリン車と同等の居住性と荷室容量を確保している。
    拡大
メーターには燃費や走行可能距離など、さまざまな情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを装備。(写真をクリックすると、各画面の表示が見られます)
メーターには燃費や走行可能距離など、さまざまな情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを装備。(写真をクリックすると、各画面の表示が見られます)
    拡大

地味だが完成度は高い

走らせての印象は、少し重い。全長で4mを切るアクアの車重が1080kgであるのに対して、カローラ フィールダーは全長が4360mmとなり車重は100kg増えている。そのせいもあるだろう。アクアほどの軽快感はなく、カローラ フィールダーの腰は重い。

エンジントルクは3600rpmから4400rpmにかけて最大の11.3kgmが発生するいっぽうで、電気モーターが17.2kgmもの最大トルクを発生する。なので、数値にみる発進力は悪いはずはないのだが、どちらかというとのんびりしている。とりわけ軽い登り坂では、意図して踏み込み量を多くしないと加速不足を感じることもあった。

それをのぞけば、ハンドリングもサスペンションのセッティングも、よくできている。スポーティーだとか安逸だとか、突出した味付けは感じさせないが、高速道路ではいかなる速度域でも入力をうまく抑え、フラット感が強い。いっぽう、カーブでは、車体の追従性もよく、入口から出口まで、実に安定している。不安感は一切ない。地味だが、完成度が高い。

ガソリン車からの重量の増加や低重心化にともない、HVは足まわりのセッティングが変更されている。吸遮音材の追加などにより、静粛性も高めているという。
ガソリン車からの重量の増加や低重心化にともない、HVは足まわりのセッティングが変更されている。吸遮音材の追加などにより、静粛性も高めているという。
    拡大

エンジンやモーター、動力分割機構などは基本的に「トヨタ・アクア」と共通。システム全体では100psの最高出力を発生する。


    エンジンやモーター、動力分割機構などは基本的に「トヨタ・アクア」と共通。システム全体では100psの最高出力を発生する。
    拡大
タイヤサイズはガソリン車と同じく185/60R15。テスト車にはオプションのアルミホイールが装備されていた。
タイヤサイズはガソリン車と同じく185/60R15。テスト車にはオプションのアルミホイールが装備されていた。
    拡大
HV化にともない、センターコンソールにはEV走行モードのスイッチが追加された。
HV化にともない、センターコンソールにはEV走行モードのスイッチが追加された。
    拡大

言いたいことはあるけれど

燃費、メーター内の燃費計と実際の燃費とがほぼ同じ。箱根のワインディングロードでは瞬間燃費計が8km/リッター台になることもあったが、いっぽう高速道路では30km/リッターになんなんとする場面も。はたして、市街地とのミックスで、最後にガソリンスタンドで満タンにしての総合燃費は20km/リッターほどだった。白状すると、高速や市街地ではつい弱い心が出て(?)、EVモードを多用するアクセルワークで、燃費運転をしてしまったせいもあるかもしれない。それで悪いということはないのだけれど。

なにはともあれ、実生活でこれだけよい燃費が出るのに感心した。バッテリーの充電状況によるが、EVモードで60km/h走行も可能。トヨタのハイブリッドはコンパクトなクルマとの相性がとてもよいとあらためて思ったのだった。

ボディーは箱のような保守的なステーションワゴン・スタイルであるがゆえに、荷室は大きく、リアの開口部も広い。機能的なコンパクトハイブリッドといえる。ただし、高速走行中は特に、下からの路面騒音やエンジン排気音などがいっぱい入ってくる。同クラスの欧州車なみの静粛性が欲しい。プリウスαのメインラインが300万円を超えることを考えれば、なにはともあれ、カローラ フィールダー ハイブリッドを歓迎しよう。

かくいう筆者も、3日間ほどこのクルマとつきあっているうちに、カローラ フィールダーになれてきて、このノンシャランなハイブリッドを好ましく思うようになった。シートのクッションがもう少し厚ければとか、言いたいこともあるにはあるが、日常的に乗るのは、自動車好きとしても悪くない気分だ。空気のようなハイブリッド。これが進化なのだろうと、最後にあらためて思った次第だ。

(文=小川フミオ/写真=荒川正幸)

今回は、東京都内から箱根までの往復と、箱根のワインディングロード、都内での市街地テストを合わせ、2泊3日で約300kmを走行。給油量は15.0リッターとなった。
今回は、東京都内から箱根までの往復と、箱根のワインディングロード、都内での市街地テストを合わせ、2泊3日で約300kmを走行。給油量は15.0リッターとなった。
    拡大
ラゲッジルームの容量は、後席を起こした状態で407リッター、たたんだ状態で872リッターと、いずれもガソリン車と共通。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの容量は、後席を起こした状態で407リッター、たたんだ状態で872リッターと、いずれもガソリン車と共通。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
    拡大
バッテリーがリアシートの下にあるので、ラゲッジルームの下には床下収納のスペースも確保されている。
バッテリーがリアシートの下にあるので、ラゲッジルームの下には床下収納のスペースも確保されている。
    拡大

トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4360×1695×1475mm
ホイールベース:2600mm
車重:1180kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:74ps(54kW)/4800rpm
エンジン最大トルク:11.3kgm(111Nm)/3600-4400rpm
モーター最高出力:61ps(45kW)
モーター最大トルク:17.2kgm(169Nm)
タイヤ:(前)185/60R15 84H/(後)185/60R15 84H(ブリヂストンB250)
燃費:33.0km/リッター(JC08モード)
価格:216万5000円/テスト車=238万5450円
オプション装備:185/60R15 84Hタイヤ&15×5.5Jアルミホイール<センターオーナメント付>(5万1400円)/ルーフレール(3万1500円)/プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ<ロービーム・オートレベリング機能付き>+オートマチックハイビーム+自動防眩(ぼうげん)インナーミラー+コンライト<ライト自動点灯・消灯システム>(9万2400円)/スマートエントリー&スタートシステム<運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付き、スマートキー2個>+盗難防止システム<エンジンイモビライザーシステム>(4万5150円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:1100km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:295.6km
使用燃料:15.0リッター
参考燃費:19.7km/リッター(満タン法)/19.7km/リッター(車載燃費計計測値)

トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG
トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG
    拡大

トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
カローラ フィールダートヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事