BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)/X5 xDrive30d(4WD/8AT)

キーワードは洗練 2013.09.26 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア的存在である「BMW X5」が、3世代目となる新型に移行した。さらなる高級感を演出し、より効率的なドライビングプレジャーを実現したとうたわれる新型の走りはいかに? カナダはバンクーバーで試乗した。

流麗路線へアップデート

通算3世代目となる新しい「X5」のテストドライブの舞台としてBMWが用意したのはカナダのバンクーバーだった。高層ビルが立ち並ぶ一方、すぐまわりを海や山に囲まれていることもあり、どこか穏やかな雰囲気のこの街は、2010年に冬季オリンピックが開催された場所でもある。SUV界きっての都会派であり、また優れたアスリートであるX5にとって、まさにお似合いの街といっていい。

この新型X5、率直な話をすれば内容はコンサバで、スペックにしても装備にしても目を見張る何かがあるわけではない。例えばボディーサイズを見ると、ホイールベースは変わらず全長が29mm伸ばされただけ。オプションで3列シート7人乗りまで用意するパッケージングにも大きな変更はない。

メカニズムの面でも、今回の試乗車であるガソリンの「xDrive50i」と、ディーゼルの「xDrive30d」(日本では「xDrive35d」)のパワートレインはいずれも従来の進化版。新鮮味には乏しい。

では見どころは? というと、まずはそのスタイリングということになる。まず目線が行くのは「3シリーズ」と同様、ワイド化されたキドニーグリルとつなげられたヘッドライト。しかも、そのグリルが備わるノーズは往年のBMWよろしく逆スラント形状とされ、ボンネットを長く見せている。また、全長の延長分はほとんどがリアエンドに充てられ、14mm低くなったルーフと相まって、こちらも長さを強調。ややゴツい印象だった先代に対して、流麗な雰囲気を醸し出すことに成功している。

新型「BMW X5」は今年9月のフランクフルトショーで世界初公開されたばかり。初代以来の累計販売台数が130万台を超え、「このクラスで最も売れているクルマ」とうたわれる。
新型「BMW X5」は今年9月のフランクフルトショーで世界初公開されたばかり。初代以来の累計販売台数が130万台を超え、「このクラスで最も売れているクルマ」とうたわれる。
外観と内装をセットでカスタマイズする、2種類のデザインラインが用意される。これは「存在感とたくましさ」を強調した「デザイン・ピュア・エクスペリエンス」と呼ばれるもの。シート表皮にはモカ色のエクスクルーシブ・ナッパレザーが使用される。
外観と内装をセットでカスタマイズする、2種類のデザインラインが用意される。これは「存在感とたくましさ」を強調した「デザイン・ピュア・エクスペリエンス」と呼ばれるもの。シート表皮にはモカ色のエクスクルーシブ・ナッパレザーが使用される。
新型では後席にもシートヒーターが装着できるようになったほか、後席が前後に80mmスライドし、背もたれが10度倒せるコンフォートシートも選べるようになった。さらにコンフォートシートのオプションとして、3列目シートを選択することもできる。
新型では後席にもシートヒーターが装着できるようになったほか、後席が前後に80mmスライドし、背もたれが10度倒せるコンフォートシートも選べるようになった。さらにコンフォートシートのオプションとして、3列目シートを選択することもできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る