クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)/X5 xDrive30d(4WD/8AT)

キーワードは洗練 2013.09.26 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア的存在である「BMW X5」が、3世代目となる新型に移行した。さらなる高級感を演出し、より効率的なドライビングプレジャーを実現したとうたわれる新型の走りはいかに? カナダはバンクーバーで試乗した。

流麗路線へアップデート

通算3世代目となる新しい「X5」のテストドライブの舞台としてBMWが用意したのはカナダのバンクーバーだった。高層ビルが立ち並ぶ一方、すぐまわりを海や山に囲まれていることもあり、どこか穏やかな雰囲気のこの街は、2010年に冬季オリンピックが開催された場所でもある。SUV界きっての都会派であり、また優れたアスリートであるX5にとって、まさにお似合いの街といっていい。

この新型X5、率直な話をすれば内容はコンサバで、スペックにしても装備にしても目を見張る何かがあるわけではない。例えばボディーサイズを見ると、ホイールベースは変わらず全長が29mm伸ばされただけ。オプションで3列シート7人乗りまで用意するパッケージングにも大きな変更はない。

メカニズムの面でも、今回の試乗車であるガソリンの「xDrive50i」と、ディーゼルの「xDrive30d」(日本では「xDrive35d」)のパワートレインはいずれも従来の進化版。新鮮味には乏しい。

では見どころは? というと、まずはそのスタイリングということになる。まず目線が行くのは「3シリーズ」と同様、ワイド化されたキドニーグリルとつなげられたヘッドライト。しかも、そのグリルが備わるノーズは往年のBMWよろしく逆スラント形状とされ、ボンネットを長く見せている。また、全長の延長分はほとんどがリアエンドに充てられ、14mm低くなったルーフと相まって、こちらも長さを強調。ややゴツい印象だった先代に対して、流麗な雰囲気を醸し出すことに成功している。

新型「BMW X5」は今年9月のフランクフルトショーで世界初公開されたばかり。初代以来の累計販売台数が130万台を超え、「このクラスで最も売れているクルマ」とうたわれる。
新型「BMW X5」は今年9月のフランクフルトショーで世界初公開されたばかり。初代以来の累計販売台数が130万台を超え、「このクラスで最も売れているクルマ」とうたわれる。 拡大
外観と内装をセットでカスタマイズする、2種類のデザインラインが用意される。これは「存在感とたくましさ」を強調した「デザイン・ピュア・エクスペリエンス」と呼ばれるもの。シート表皮にはモカ色のエクスクルーシブ・ナッパレザーが使用される。
外観と内装をセットでカスタマイズする、2種類のデザインラインが用意される。これは「存在感とたくましさ」を強調した「デザイン・ピュア・エクスペリエンス」と呼ばれるもの。シート表皮にはモカ色のエクスクルーシブ・ナッパレザーが使用される。 拡大
新型では後席にもシートヒーターが装着できるようになったほか、後席が前後に80mmスライドし、背もたれが10度倒せるコンフォートシートも選べるようになった。さらにコンフォートシートのオプションとして、3列目シートを選択することもできる。
新型では後席にもシートヒーターが装着できるようになったほか、後席が前後に80mmスライドし、背もたれが10度倒せるコンフォートシートも選べるようになった。さらにコンフォートシートのオプションとして、3列目シートを選択することもできる。 拡大

ディーゼル比率がさらに高まりそう

インテリアは基本レイアウトこそ踏襲しているが、iDriveのモニターを独立させたことでダッシュボードが低く抑えられ、柔らかな面が採り入れられたことも相まって、一層の広がりを感じさせる。また、クオリティーの向上も目覚ましく、ダッシュボードを覆うレザーや繊細なステッチも上質感をアピールしている。

もちろん、話はそこだけには終わらない。何よりうれしくさせられたのは、走りの面でも、市街地を抜け、北方のウィスラーまで延々と山岳地帯を走り、オリンピック競技場でのオフロード走行までこなした試乗の中で、そんな内外装の雰囲気に負けない快適性を実感できたことである。

最初に乗ったxDrive30dの第一印象は、静かになったということに尽きる。アイドリング中や加速時の、いかにもディーゼルらしいガラガラという音や振動がほぼ完璧に封じ込まれていて、気持ちの良い成分だけが抽出されて耳に届くのだ。
おかげで走りっぷりは、重々しさから解消された印象。実際、車重が最大90kg軽くなったこともあり、豊かなトルクに浸りながら爽快な加速を味わうことができる。

もちろん、xDrive50iの、回すほどに活気づく味わいも魅力的だ。しかしながら、これだけの洗練ぶりからすれば、現在でも7割以上というディーゼル比率はさらに高まりそう。ちなみに燃費はxDrive30dの場合で6.2リッター/100km(約16.1km/リッター)と、従来比16%向上している。これには軽量化、空力の改善のほか、アクセルオフ時にクラッチを切り惰性走行を行うことなどにより燃費を向上させる「ECO-PRO」モードの設定も貢献しているはずである。

3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「X5 xDrive30d」。0-100km/h加速を6.9秒でこなす。
3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「X5 xDrive30d」。0-100km/h加速を6.9秒でこなす。 拡大
これはもうひとつの「デザイン・ピュア・エクセレンス」呼ばれるカスタマイズライン。シート表皮はアイボリーホワイトのエクスクルーシブ・ナッパレザー。
これはもうひとつの「デザイン・ピュア・エクセレンス」呼ばれるカスタマイズライン。シート表皮はアイボリーホワイトのエクスクルーシブ・ナッパレザー。 拡大
3リッター直6ディーゼルターボユニットは、従来より13psと2.0kgm強力な258psと57.1kgmを発生する。
3リッター直6ディーゼルターボユニットは、従来より13psと2.0kgm強力な258psと57.1kgmを発生する。 拡大

「X5 xDrive30d」は静かになったのが印象的。また大幅に軽量化されたおかで、走りが軽快になった。


    「X5 xDrive30d」は静かになったのが印象的。また大幅に軽量化されたおかで、走りが軽快になった。
    拡大
関連キーワード

1台で2つの表情

乗り心地も、非常にしなやか。実は先代だって、スポーティーな身のこなしの一方で、SUVらしいゆったりした部分も持ち合わせた、なかなかの乗り味を実現していたと評価しているのだが、新型はそれに拍車がかかっている。特に2列目の快適性の高さは歓迎されるだろう。

それでも実はフットワークには最初、物足りなさを感じていた。肝心の走りがその快適さの犠牲になっているように思えたのだ。

しかし、それは単なる早とちりだったようである。「ドライビング・パフォーマンス・コントロール」を“COMFORT”から“SPORT”に切り替えると、ステアリングやスロットルなどの反応が切れ味を増し、さらには試乗車に装着されていたダイナミック・ダンパー・コントロールがサスペンションの動きをすかさず引き締め、がぜんスポーティーな振る舞いを見せるようになったのだ。サイズを忘れて飛ばせるフットワークは、まさにBMW、まさにX5。要するに新型では1台で、違った2つの表情を持つようになったわけである。

そう、冒頭ではコンサバという言葉を使ったが、新型X5は、好評なところはそのままに、不得手を解消した、まさしく正常進化版と言うことができるだろう。日本上陸は年内の予定。遅れて登場する3リッターガソリンの「xDrive35i」も設定されるはずだ。

(文=島下泰久/写真=BMW)

4.4リッターV8ツインターボ搭載の「X5 xDrive50i」。0-100km/h加速は5.0秒。
4.4リッターV8ツインターボ搭載の「X5 xDrive50i」。0-100km/h加速は5.0秒。 拡大
4.4リッターV8ツインターボは、パワーが従来より10%向上の450psに。
4.4リッターV8ツインターボは、パワーが従来より10%向上の450psに。 拡大
ラゲッジルームの容量は650~1870リッター。(クリックするとリアシートが倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの容量は650~1870リッター。(クリックするとリアシートが倒れる様子が見られます) 拡大
発売時は「X5 xDrive50i」と「X5 xDrive30d」という品ぞろえ。欧州dでは3基のターボを備える3リッター直6ディーゼル搭載の「X5 M50d」も用意される。
発売時は「X5 xDrive50i」と「X5 xDrive30d」という品ぞろえ。欧州dでは3基のターボを備える3リッター直6ディーゼル搭載の「X5 M50d」も用意される。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com
 
BMW X5 xDrive50i
BMW X5 xDrive50i 拡大

BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)/X5 xDrive30d(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)/X5 xDrive30d(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4886×1938×1762mm
ホイールベース:2933mm
車重:2175kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:450ps(330kW)/5500rpm
最大トルク:66.3kgm(650Nm)/2000-4500rpm
タイヤ:(前)255/50R19/(後)255/50R19
燃費:10.4リッター/100km(約9.6km/リッター、EUテストサイクル複合モード)
価格:--万円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

 
BMW X5 xDrive30d
BMW X5 xDrive30d 拡大

BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)/X5 xDrive30d(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

BMW X5 xDrive50i(4WD/8AT)/X5 xDrive30d(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

BMW X5 xDrive30d(4WD/8AT)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4886×1938×1762mm
ホイールベース:2933mm
車重:2070kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:258ps(190kW)/4000rpm
最大トルク:57.1kgm(560Nm)/1500-3000rpm
タイヤ:(前)255/55R18/(後)255/55R18
燃費:6.2リッター/100km(約16.1km/リッター、EUテストサイクル複合モード)
価格:--万円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

あなたにおすすめの記事