ドイツメーカーのブース紹介【ジュネーブショー2012】

2012.03.07 自動車ニュース
ドイツ国内では7月に納車が始まるという「フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT」。気になるのは、これだけの新機軸を盛り込んで、どのくらいの価格に収まるかということ。
ドイツメーカーのブース紹介【ジュネーブショー2012】

【ジュネーブショー2012】2012年のジュネーブは“ドイツ車バトル”の始まり!?

2012年3月6日に開幕した、ジュネーブモーターショー。今年の会場には、どんなドイツ車が顔をそろえたのか?

今後の自動車界の流れを左右すると見られる新型「アウディA3」。ヘッドランプのデザイン処理によって、“A1顔”に近づいた。
今後の自動車界の流れを左右すると見られる新型「アウディA3」。ヘッドランプのデザイン処理によって、“A1顔”に近づいた。
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ」。“史上最強のカブリオレ”をうたう。タータンチェックのシートなどは、「ゴルフGTI」譲り。
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIカブリオレ」。“史上最強のカブリオレ”をうたう。タータンチェックのシートなどは、「ゴルフGTI」譲り。

■フォルクスワーゲンの“次世代戦略”に注目

ジュネーブショー初日は、フォルクスワーゲンのプレスカンファレンスで始まった。いくつかのモデルが発表されたなかで、個人的にハッとしたのは「ポロ ブルーGT」。地味ながら、現在のフォルクスワーゲングループの底力が感じられたからだ。

フォルクスワーゲン初となる気筒休止システム「ACT(アクティブ・シリンダー・マネジメント)」とアイドリングストップ、回生ブレーキという3種の神器により、1.4リッターTSIユニットは欧州複合モード燃費で21.3km/リッター(CO2排出量108g/km)を実現するという。
フォルクスワーゲンのマルティン・ヴィンターコルンCEOは2015年までに全車平均のCO2排出量を120g/km以下にすると自信満々に宣言したが、しっかりとした裏付けがあるのだ。

しかも燃費がいいだけでなく、最高出力140ps、最高速度210km/h、0〜100km/h加速で7.9秒というかなりの俊足。ジュネーブではラッキーなことに「up!」に試乗する機会を得て、柔軟かつ強靱(きょうじん)な足腰にため息をついた。up!の足まわりの完成度の高さから想像するに、ポロ ブルーGTは次世代コンパクトのスタンダードになると予測する。

アウディのブースでは、新型「A3」が発表された。単に「次期型フォルクスワーゲン・ゴルフになる」というだけでなく、もっと大きな意味を持つニューモデルだ。
そのフォルクスワーゲングループ全体を俯瞰(ふかん)してこれからのポイントになる戦略が、「MQB(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」だ。プラットフォームの共有化というと誤解を招くけれど、要は車体設計の基本ルールをひとつ決めて多車種展開を図るというコンセプト。サイズを超えたあらゆる車種、ブランドを超えたあらゆるモデルを同じ生産ラインで製造できるようになる。

そして、MQB第1号がこのアウディA3と次のゴルフになる。いいことばかりのMQBではあるけれど、ちょこっとコケたらドミノ倒しでグループ全体がコケるという不安もないわけではない。したがって、アウディA3には要注目なのだ。新型アウディA3では、アイドルストップと回生ブレーキが採用される。エクステリアのデザインは現行モデルをブラッシュアップした印象で、全長と全高も変化ない。ただし中身は別物で、同グレード比で約80kgの軽量化を果たしているというのがポイント。「1.4TFSI」搭載モデルだと、CO2排出で120g/kmの環境性能を実現するという。

たくさんの人が集まる中で発表された新型「ポルシェ・ボクスター」。大型化したものの軽く、パワフルになった点に期待大。
たくさんの人が集まる中で発表された新型「ポルシェ・ボクスター」。大型化したものの軽く、パワフルになった点に期待大。
エクステリア同様、インテリアの雰囲気も従来型「ボクスター」から大きな変化はない。
エクステリア同様、インテリアの雰囲気も従来型「ボクスター」から大きな変化はない。

■期待の3代目「ボクスター」

大げさではなく黒山の人だかりとなったのが、ポルシェのブース。「ボクスター」の歴史で初と言っていい抜本的改良が施されることへの期待の高さがびんびん伝わってくる。

ルックスは従来型の延長線上にあるが、ホイールベースが60mm、フロントトレッドが40mm、リアトレッドが18mm拡大されている。ボディーも32mm長くなっているのに間延びした感じがしないのは、フロントオーバーハングは27mm詰められているからだろう。
立派なのは、ひとまわり大きくなっているのに、同グレード比で最大約35kgの軽量化を果たしている点。ボディー設計の見直しが奏功したという。

エンジン排気量は2706ccだから、従来型の2893ccからダウンサイジングを果たした。それでいて最高出力は10ps増量の265ps。軽くパワフルになった新型ボクスターは、どんな走りを見せるのか。
なお、「ボクスターS」の排気量3436ccは変わらず、最高出力は5ps増しの310ps。ニュルブルクリンクでは従来型より12秒速い7分58秒を記録したという。

新型「メルセデス・ベンツAクラス」(写真=石井昌道)
新型「メルセデス・ベンツAクラス」(写真=石井昌道)
フォルクスワーゲングループ、メルセデス・ベンツの攻勢にくらべてややおとなしく見えたのがBMW。560psを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジン搭載の「M6クーペ」(写真)は、ジュネーブで発表された後、4月のニューヨークショーでオープン仕様が公開される予定。
フォルクスワーゲングループ、メルセデス・ベンツの攻勢にくらべてややおとなしく見えたのがBMW。560psを発生する4.4リッターV8ツインターボエンジン搭載の「M6クーペ」(写真)は、ジュネーブで発表された後、4月のニューヨークショーでオープン仕様が公開される予定。
BMW初の4ドアクーペとなる「6シリーズ グランクーペ」。3リッターのツインターボと4.4リッターのツインターボ、さらに3リッターのツインターボディーゼルをラインナップする。
BMW初の4ドアクーペとなる「6シリーズ グランクーペ」。3リッターのツインターボと4.4リッターのツインターボ、さらに3リッターのツインターボディーゼルをラインナップする。

■フォルクスワーゲンと真っ向勝負のメルセデス

メルセデス・ベンツのブースもにぎやかだった。世界初お目見えとなったのが、「Aクラス」と「SL63AMG」。特にAクラスが選んだ新路線が印象に残る。

従来型までの“サンドイッチ構造”を廃したAクラスのフォルムは、エモーショナルでメルセデス独特の高質感があるものの、一般的なFFハッチバック車に近くなった。
ダイムラーAG取締役会長のディーター・ツェッチェ氏によれば、これが「Bクラス」をはじめとする今後のコンパクトモデルの礎になるとのこと。またコンパクトクラスが今後倍増することも鑑みて、メルセデス・ベンツにとって非常に重要なモデルだと述べた。

搭載されるエンジンは1.6リッター(115ps)から2リッター(211ps)までの直噴ターボ。ヨーロッパではディーゼルターボもラインナップされる。最も燃費がよいモデルでは、CO2排出量99g/kmを達成するという。

もうひとつ面白いのが、「full iPhone integration」を打ち出している点だ。エンジンスペックといい燃費目標といいスマホ対応といい、見事にフォルクスワーゲン陣営とカブっている。
10年ぐらいたつと、「2012年のジュネーブから新時代のバトルが始まった」と振り返るようになるのかもしれない。

(文と写真=サトータケシ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。