「マツダCX-5」に2.5リッターガソリン車登場

2013.09.20 自動車ニュース
「マツダCX-5 2013アニバーサリー」

「マツダCX-5」に2.5リッターガソリン車登場

マツダは2013年9月19日、クロスオーバーSUV「CX-5」の一部改良を実施するとともに、特別仕様車「2013アニバーサリー」を設定し、同年10月24日に発売すると発表した。

「CX-5 2013アニバーサリー」
「CX-5 2013アニバーサリー」
新デザインのシフトノブ(写真は「CX-5 2013アニバーサリー」のもの)。

■2.5リッターガソリンエンジン車を追加

今回の一部改良では、全車に新構造のリアダンパーを装備したほか、「SKYACTIV-G 2.5」と呼ばれる2.5リッター直噴直4ガソリンエンジンを搭載した「25S」「25S Lパッケージ」をラインナップに追加した。
このエンジンは「アテンザ」にも採用されているもので、FF車では最高出力188ps(138kW)/5700rpm、最大トルク25.5kgm(250Nm)/3250rpm、4WD車では最高出力184ps(135kW)/5700rpm、最大トルク25.0kgm(245Nm)/4000rpmを発生する。

安全装備の強化もはかっており、自動ブレーキシステムの「スマートシティブレーキサポート(SCBS)」を全車に標準装備。「25S Lパッケージ」「XD Lパッケージ」の2グレードには「ハイビームコントロールシステム(HBC)」と「車線逸脱警報システム(LDWS)」をオプション設定した。また、後方からの車両の接近を知らせる「リアビークルモニタリングシステム(RVM)」は、より幅広い速度域に対応するよう、作動する速度を約30km/h以上から約15km/h以上に引き下げた。

内外装の仕様についても一部を変更しており、インテリアでは新デザインのATシフトレバーとシフトブーツを採用。レバーの基部には新たにシフトブーツを装着した。
また、ボディーカラーには新色のディープクリスタルブルーマイカ、ブルーリフレックスマイカを設定。ガソリンエンジン車に19インチアルミホイールを採用(25S Lパッケージに標準装備、「20S」と25Sにオプション設定)したほか、アルミホイールの塗装をより深みのあるシルバー色に変更した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・20C:207万9000円(FF)
・20S:222万6000円(FF)
・25S:253万500円(4WD)
・25S Lパッケージ:260万4000円(FF)/281万4000円(4WD)
・XD:260万4000円(FF)/281万4000円(4WD)
・XD Lパッケージ:298万2000円(FF)/319万2000円(4WD)

 

「CX-5 2013アニバーサリー」のシート。
「CX-5 2013アニバーサリー」の加飾パネル。
「CX-5 2013アニバーサリー」のシリアルナンバープレート。

■専用の内外装を採用した999台の限定モデル

一部改良と同時に設定された「2013アニバーサリー」は、25S Lパッケージと「XD Lパッケージ」をベースに、専用の内外装を採用した特別限定車である。

具体的には、オフホワイトの本革シートや、ダッシュボードを飾る手塗りのデコレーションパネル、高輝度塗装のアルミホイールなどを採用。生産台数は999台で、センターコンソールにはシリアルナンバープレートも装備するという。

これらを含む同車の特別装備は、以下の通り。
・オフホワイトレザーシート&ドアトリム
・専用手塗りデコレーションパネル(レッド)
・専用シリアルナンバープレート
・ステアリング本革巻き(スムースレザー&レッドステッチ)+パーキングブレーキレバー本革巻き(レッドステッチ)+ATストレートシフターブーツ(レッドステッチ)
・レザー調アームレスト(レッドステッチ)付き大型コンソールボックス(インナートレイ付き)
・運転席10Wayパワーシートのメモリー機能
・助手席6Wayパワーシート
・19インチアルミホイール(高輝度塗装)
・ハイビームコントロールシステム(HBC)
・車線逸脱警報システム(LDWS)

ボディーカラーはソウルレッドプレミアムメタリック、ジェットブラックマイカ、ブルーリフレックスマイカの3色の設定。ラインナップと価格は以下の通り。
・25S 2013アニバーサリー:283万5000円(FF)/304万5000円(4WD)
・XD 2013アニバーサリー:321万3000円(FF)/342万3000円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CX-5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る