クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・フィット13G Sパッケージ(FF/CVT)/RS(FF/6MT)/ハイブリッド Lパッケージ(FF/7AT)

はやい、うまい、きもちいい 2013.09.23 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、ホンダの売れ筋コンパクト「フィット」。性格の異なる3モデルに試乗し、その仕上がりをチェックした。

注目は「ハイブリッド」

横浜で開かれた試乗会で、新しい「フィット」に乗った。通算3代目になる新型は、見た目のアイデンティティーこそ失っていないが、中身はすべて新しくなったといってもいい。中でも話題の中核は、最高36.4km/リッターのJC08モード値で「トヨタ・アクア」(35.4km/リッター)を抜いた「ハイブリッド」である。

新システムは、アトキンソンサイクルの1.5リッター4気筒DOHCにモーター内蔵の7段DCT(デュアルクラッチ式変速機)を組み合わせた。1モーター式だが、モーターより上流に置いたデュアルクラッチで、エンジンとモーターを完全に切り離すことができる。そのためEV走行も可能になり、駆動と発電というモーターの力をより有効に使えるようになった。
10kW(14ps)の旧型から22kW(29.5ps)に最高出力を倍増したモーターは変速機の末端にマウントされ、トランスミッションオイルで冷却される。モーターと変速機は内製。デュアルクラッチはドイツのルーク社製。ニッケル水素からリチウムイオンにバージョンアップし、蓄電容量を従来の1.5倍に増大した駆動用バッテリーは、本田技研とGSユアサによる合弁会社、ブルーエナジー製である。
フィットハイブリッドは先代シリーズの追加モデルだったから、モデルチェンジの頭からスタートするのはこれが初めてだ。2013年9月5日の発表から10日間で4万台を超えた受注の7割以上はハイブリッドだという。
試乗会で乗ったのはハイブリッド、「13G」、「RS」の3台。時間は限られていたが、刷新された3種類すべてのパワーユニットを試すことができた。

リアビュー。ルーフ近くまで伸びたコンビランプが個性を主張する。
リアビュー。ルーフ近くまで伸びたコンビランプが個性を主張する。
    拡大
「フィットハイブリッド」に搭載されるハイブリッドユニット。新開発の7段DCTとの組み合わせにより、最高の燃費と力強い走りを実現したという。
「フィットハイブリッド」に搭載されるハイブリッドユニット。新開発の7段DCTとの組み合わせにより、最高の燃費と力強い走りを実現したという。
    拡大
インテリアは、上質感の演出をテーマに開発された。写真は「フィットハイブリッド」のもの。
インテリアは、上質感の演出をテーマに開発された。写真は「フィットハイブリッド」のもの。
    拡大
3代目となる新型「ホンダ・フィット」は、2013年9月5日にデビュー。翌6日に発売された。初期の受注ペースは、初代、2代目を大きく上回るという。
3代目となる新型「ホンダ・フィット」は、2013年9月5日にデビュー。翌6日に発売された。初期の受注ペースは、初代、2代目を大きく上回るという。
    拡大

思わずうなる新システム

最初に乗ったのは、人気者のハイブリッドである。試乗車は上級グレードの「Lパッケージ」(183万円)。新装されたハイブリッドユニットやいかに、と走りだすと、肩すかしを食らうほどよくできたクルマだった。
137psのシステム出力は、「インサイト」の1.5リッターユニットを移植した旧型「ハイブリッドRS」よりさらに1割以上パワフルだから、走りはキビキビしている、というか、十分速い。最上級の「Sパッケージ」にしかパドルシフトは付かないが、全グレードにあってもいいかなと思うくらいスポーティーなハイブリッドである。

ゆっくりした発進なら、モーターのみで動き出すが、すぐにエンジンがかかる。アクアや「プリウス」にはある「EVボタン」のような、任意にモーターのみの走行ができる機構はない。「基本、エンジン」の印象はこれまでと変わらないが、パワフルになって、ドライバビリティーも損なわれていないのだから文句なしである。1.5リッターのi-VTECは、フルスロットルを踏むとけっこう勇ましいサウンドを発する。

7段DCTにもツッコミどころを探したが、たまにシュッという変速音が漏れた登場直後のフォルクスワーゲン製乾式DSGより、静かでスムーズだと思った。シンプルに半クラッチで実現しているクリープも自然だ。
急ブレーキを踏まない限り、10km/h以上での減速/制動は回生ブレーキによる。走行エネルギーを電気として「返せー」ブレーキだ。停車時は5km/hあたりから前:ディスク/リア:ドラムの油圧(機械式)ブレーキにバトンタッチしてゆく。新型ではそのサーボも油圧から電動になったが、違和感はない。今回は激しい走り方はしていないが、いつどこから踏んでも、ペダルフィールや効き方は普通の油圧ブレーキのようにナチュラルだった。


ホンダ・フィット13G Sパッケージ(FF/CVT)/RS(FF/6MT)/ハイブリッド Lパッケージ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大
中心に速度計をすえる「フィットハイブリッド」のメーターパネル。計器は、モデルごとに異なる意匠でデザインされている。
中心に速度計をすえる「フィットハイブリッド」のメーターパネル。計器は、モデルごとに異なる意匠でデザインされている。
    拡大
こちらは、ハイブリッドモデルのシフトノブ。ホンダの量産車として初のシフト・バイ・ワイヤ方式が採用された。
こちらは、ハイブリッドモデルのシフトノブ。ホンダの量産車として初のシフト・バイ・ワイヤ方式が採用された。
    拡大
鉄製ホイールを装着するハイブリッドモデルには、個性的なデザインのホイールキャップ(写真)が与えられる。
鉄製ホイールを装着するハイブリッドモデルには、個性的なデザインのホイールキャップ(写真)が与えられる。
    拡大

安価なモデルが選びにくい!?

次に乗ったのは1.3リッター。先代ではハイブリッドと並ぶ二本柱のひとつだった“ベーシック・フィット”である。新型はさらなる好燃費を狙って、アトキンソンサイクルのDOHCヘッドに換装し、JC08モード値を21.0km/リッターから26.0km/リッターに向上させている。試乗車は最上級モデルの「Sパッケージ」(156万円)である。

しかしその新型1.3リッターフィットも、ハイブリッドから乗り換えると分が悪い。パワーは100ps。システム出力137psのハイブリッドと比べると、その差以上に非力さを感じる。こちらの変速機はCVT。「まずエンジン回転が上がって、パワーはあとから追いついてくる」的なCVTの特性も、ハイブリッドの直後だとのんきに感じられる。

満タン法で燃費計測ができるほどの距離は走れなかったが、試乗スタート時にトリップコンピューターをリセットして車載燃費計をチェックした。ハイブリッドは32km走って15.2km/リッターだったが、13Gは28kmで9.2km/リッターと大台を割り込む。エアコンは常時オン。13Gは持ち時間がなく、「高速道路なしの市街地のみ」だったというハンデもあるが、それにしてもの大差である。
でも、どこかの使用局面では1.3リッターの燃費がハイブリッドに一矢を報いるシーンがあるのかとエンジニアに聞くと、ないそうだ。燃費は1.5リッターハイブリッドの総取りだという。あるとすると、距離を乗らない人なら1.3のほうがいいかもしれないと付け加えたが、それは同じ人がハイブリッドを買っても、価格差分のモトがなかなか取れないから、という意味だった。

1.3リッターエンジン搭載の最も高価なグレード「13G Sパッケージ」。大型のリアスポイラーや15インチアルミホイールが外観上の特徴だ。
1.3リッターエンジン搭載の最も高価なグレード「13G Sパッケージ」。大型のリアスポイラーや15インチアルミホイールが外観上の特徴だ。
    拡大
肩まわりの開放感と腰まわりのサポート性に配慮したというフロントシート。写真はハイブリッドモデルのもの。
肩まわりの開放感と腰まわりのサポート性に配慮したというフロントシート。写真はハイブリッドモデルのもの。
    拡大
エアコンの温度・風量調節スイッチは、新型ではタッチパネル式になっている。
エアコンの温度・風量調節スイッチは、新型ではタッチパネル式になっている。
    拡大
5名乗車時の荷室容量は、ガソリンモデルで363リッター+床下予備スペース23リッター。写真のハイブリッドモデルは床上のみで、314リッターが確保される。後席や助手席を倒すことで、大柄な荷物にも対応できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
5名乗車時の荷室容量は、ガソリンモデルで363リッター+床下予備スペース23リッター。写真のハイブリッドモデルは床上のみで、314リッターが確保される。後席や助手席を倒すことで、大柄な荷物にも対応できる。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
    拡大

「RS」も見どころいっぱい

ボディーの幅と高さは変わらないが、新型は全長を55mm延長した。これで長さと幅はアクアとぴったり同寸になった。全高はアクアより8cm高い。
ミニバンの素養を感じさせるフィットを 今回さらに使いやすくしたのは、後席スペースの拡大である。旧型よりレッグルームが広くなったことに加え、床がえぐられて、カルイ掘りごたつのようになり、足がますます楽に置けるようになった。天地にも前後にもたっぷりしたリアシートである。

最後に6段MTの「RS」(180万円)を試す。エンジンは、新しい直噴1.5リッターi-VTEC。132psのパワーは旧RSより1割パワーアップし、19.0km/リッターのJC08モード燃費も2割近く向上した。

フロントマスクのイメージが似ているので、1年ほど前までイギリスからお取り寄せされていた名車、「シビック タイプR ユーロ」の代車になり得るかと期待しつつ乗る。さすがにそこまではなかったが、わかりやすい楽しさではシリーズ随一である。
90km/hまで自分で引っ張れる2速の伸びが気持ちいい。本当に“カシッカシッ”と、かすかな快音を立ててキマるMTのシフトフィールは世界最良かもしれない。ハイブリッドは0-100km/hの社内データで10秒をわずかにきる快足だが、マニュアルのRSはそれよりもまたわずかに速いそうだ。

正味50分の試乗を終え、車載燃費計を見ると、38km走って15.6km/リッターだった。ガーン、最初に乗ったハイブリッドよりいいではないか。この不都合な真実を若いエンジン設計者に伝えると困っていたが、なにはともあれ、ハイブリッドと1.3リッターで販売の9割以上を占めるシリーズに、こういうモデルを残してくれたのはうれしい。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

後席の座面は、先代モデルと同様にチップアップ可能。これにより、背の高い荷物などを積むことができる。
後席の座面は、先代モデルと同様にチップアップ可能。これにより、背の高い荷物などを積むことができる。
    拡大
スポーティーグレードの「RS」。専用デザインのグリルやエアロパーツが備わる。
スポーティーグレードの「RS」。専用デザインのグリルやエアロパーツが備わる。
    拡大
「RS」の1.5リッターガソリンエンジンは、上質な内外装を特徴とするグレード「15X」と共通のもの。132ps、15.8kgmを発生する。
「RS」の1.5リッターガソリンエンジンは、上質な内外装を特徴とするグレード「15X」と共通のもの。132ps、15.8kgmを発生する。
    拡大

ホンダ・フィット13G Sパッケージ(FF/CVT)/RS(FF/6MT)/ハイブリッド Lパッケージ(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ホンダ・フィットハイブリッド Lパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3955×1695×1525mm
ホイールベース:2530mm
車重:1130kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:7段AT
最高出力:110ps(81kW)/6000rpm
最大トルク:13.7kgm(134Nm)/5000rpm
モーター最高出力:29.5ps(22kW)/1313-2000rpm
モーター最大トルク:16.3kgm(160Nm)/0-1313rpm
システム最高出力:137ps(101kW)
システム最大トルク:17.3kgm(170Nm)
タイヤ:(前)185/60R15(後)185/60R15(ブリヂストン・エコピア)
燃費:33.6km/リッター
価格:183万円/テスト車=220万4500円
オプション装備:Hondaインターナビ+リンクアップフリー(22万円)/コンフォートビューパッケージ(3万1500円)/あんしんパッケージ(6万円)/15インチアルミホイール(6万3000円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:32km
使用燃料:--
参考燃費:15.2km/リッター(車載燃費計計測値)

ホンダ・フィット13G Sパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3955×1695×1525mm
ホイールベース:2530mm
車重:1030kg
駆動方式:FF
エンジン:1.3リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:100ps(73kW)/6000rpm
最大トルク:12.1kgm(119Nm)/5000rpm
タイヤ:(前)185/60R15(後)185/60R15(ブリヂストン・エコピア)
燃費:24.0km/リッター
価格:156万円/テスト車=187万1500円
オプション装備:有償ボディーカラー<ティンテッドシルバーメタリック>(3万1500円)/Hondaインターナビ+リンクアップフリー(22万円)/あんしんパッケージ(6万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:28km
使用燃料:--
参考燃費:9.2km/リッター(車載燃費計計測値)

ホンダ・フィットRS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3955×1695×1525mm
ホイールベース:2530mm
車重:1050kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:6段MT
最高出力:132ps(97kW)/6600rpm
最大トルク:15.8kgm(155Nm)/4600rpm
タイヤ:(前)185/55R16(後)185/55R16(ブリヂストン・トランザ)
燃費:19.0km/リッター
価格:180万円/テスト車=208万円
オプション装備:Hondaインターナビ+リンクアップフリー(22万円)/あんしんパッケージ(6万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:38km
使用燃料:--
参考燃費:15.6km/リッター(車載燃費計計測値)
 

関連キーワード:
フィットホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事