ホンダ・フィット13G Sパッケージ(FF/CVT)/RS(FF/6MT)/ハイブリッド Lパッケージ(FF/7AT)

はやい、うまい、きもちいい 2013.09.23 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、ホンダの売れ筋コンパクト「フィット」。性格の異なる3モデルに試乗し、その仕上がりをチェックした。

注目は「ハイブリッド」

横浜で開かれた試乗会で、新しい「フィット」に乗った。通算3代目になる新型は、見た目のアイデンティティーこそ失っていないが、中身はすべて新しくなったといってもいい。中でも話題の中核は、最高36.4km/リッターのJC08モード値で「トヨタ・アクア」(35.4km/リッター)を抜いた「ハイブリッド」である。

新システムは、アトキンソンサイクルの1.5リッター4気筒DOHCにモーター内蔵の7段DCT(デュアルクラッチ式変速機)を組み合わせた。1モーター式だが、モーターより上流に置いたデュアルクラッチで、エンジンとモーターを完全に切り離すことができる。そのためEV走行も可能になり、駆動と発電というモーターの力をより有効に使えるようになった。
10kW(14ps)の旧型から22kW(29.5ps)に最高出力を倍増したモーターは変速機の末端にマウントされ、トランスミッションオイルで冷却される。モーターと変速機は内製。デュアルクラッチはドイツのルーク社製。ニッケル水素からリチウムイオンにバージョンアップし、蓄電容量を従来の1.5倍に増大した駆動用バッテリーは、本田技研とGSユアサによる合弁会社、ブルーエナジー製である。
フィットハイブリッドは先代シリーズの追加モデルだったから、モデルチェンジの頭からスタートするのはこれが初めてだ。2013年9月5日の発表から10日間で4万台を超えた受注の7割以上はハイブリッドだという。
試乗会で乗ったのはハイブリッド、「13G」、「RS」の3台。時間は限られていたが、刷新された3種類すべてのパワーユニットを試すことができた。

リアビュー。ルーフ近くまで伸びたコンビランプが個性を主張する。
「フィットハイブリッド」に搭載されるハイブリッドユニット。新開発の7段DCTとの組み合わせにより、最高の燃費と力強い走りを実現したという。
インテリアは、上質感の演出をテーマに開発された。写真は「フィットハイブリッド」のもの。
3代目となる新型「ホンダ・フィット」は、2013年9月5日にデビュー。翌6日に発売された。初期の受注ペースは、初代、2代目を大きく上回るという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る