「水野和敏的視点」 vol.16「ポルシェ・ボクスターS」(後編)

2013.09.20 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.16「ポルシェ・ボクスターS」(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。ポルシェのエントリーモデルである「ボスクター」のエントリーならざる魅力について、“ミスターGT-R”が熱く語る!


「水野和敏的視点」 vol.16「ポルシェ・ボクスターS」(後編)の画像 拡大

「水野和敏的視点」 vol.16「ポルシェ・ボクスターS」(後編)の画像 拡大
ポルシェ・ボスクターS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円
ポルシェ・ボスクターS
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円 拡大

■「欠点」が「楽しさ」へ

「ボクスター」と「ケイマン」の成り立ちは非常に似ています。しかし、走りではそれぞれに特徴があります。

オープンボディーのボクスターは、ボディーの後部がねじれに対してやや弱く、そのせいで「リアの遅れ」が見られます。一方、ケイマンはクーペなのでボディーがしっかりしており、リアの遅れがほとんどない。そのためサーキットではケイマンの方がずっと速く、限界付近のスタビリティーも相当なレベルにあります。

でも、箱根のターンパイクのように、それほど大きい限界入力の入らない一般道では、むしろボクスターの方が運転していて楽しいし、バランスがとれています。

フロントの応答ゲインの遅れと、ボディーのよじれによるリアの遅れが、かえってうまい具合に調和し、バランスしています。フロントの反応の遅れや押し出し感が、クルマ全体として薄められているのです。ステアリングを切っていく際のフロントの遅れに、リアの遅れがピッタリと重なって、自然なハンドリングを作り出す……そんな感じです。クルマの「欠点」とも言える部分が、むしろコーディネートされて「楽しさ」に変わっていますね。

こうした絶妙なバランス感覚の楽しさを作りだすためには、会社によって決められた平坦なテストコースで、規定通りの走行実験をして開発したような気になっていてはだめで、あらゆるところを十分に走り込んで開発しないとできません。本気で作ったスポーツカーだから出せる味。結局、会社に対してではなく、お客さまに対するまじめなクルマ作りが、乗っていて楽しいクルマを作りだすのだとつくづく感じさせられます。

ポルシェは、「911」、そしてケイマン、ボクスターと、3種類のスポーツカーのキャラクター作りに成功しています。作り手に、それぞれのクルマを走らせるシーンとお客さま像について、具体的なイメージがあるからでしょう。乗った瞬間、「コレはニュルを攻めるクルマだ」とか「ターンパイクで楽しむクルマだ」とわからせる。作り手に意志がなかったら、クルマに結果は出ません。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
ボクスターポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
  • BMW C400X(MR/CVT)【レビュー】 2018.7.7 試乗記 BMWがスーパースポーツやアドベンチャーモデルの知見を投入して開発した「C400X」。アーバンモビリティー市場への参入をもくろむドイツの雄の切り札は、350ccクラスの“スクーター”でありながら、走る楽しさに満ちた一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る