第2回:知られざるインフィニティ

2013.09.23 特集
 
第2回:知られざるインフィニティの画像

世界中の日産車を“味見”できるグローバルイベント「NISSAN 360」。次期「スカイライン」とされる「インフィニティQ50」に続いては、日本では正規販売されていない、インフィニティの2モデルについてリポートする。

インフィニティQ60 IPL
インフィニティQ60 IPL
 
第2回:知られざるインフィニティの画像
 
第2回:知られざるインフィニティの画像
 
第2回:知られざるインフィニティの画像

インフィニティQ60 IPL

■今となっては愛らしい

そもそも日本では売っておらず親しみが薄いのに加えて、「Q50」の登場と同時に、車名を“Q+2桁数字”あるいはSUVの場合は“QX+2桁数字”へと改めたこともあり、車名を見ても何だかよく分からないインフィニティですが、「Q60」とは日本ではスカイラインになるQ50のクーペ&コンバーチブル版で、要するにスカイラインクーペのこと。
そしてIPLとは「インフィニティ・パフォーマンス・ライン」の意で、エンジンやシャシーに手を入れた高性能版を意味します。

ノーマル比18ps増しの348psのパワーと、強化されたシャシー&ブレーキを持つIPL、走りっぷりはなかなかに勇ましいものがあります。専用のサスペンションとタイヤのおかげで乗り心地は少し硬めで、ロードノイズも盛大に聞こえてくる。そしてアクセルを踏み込めば排気量3.7リッターのVQエンジンがベース車より明らかに豪快な音を立てて、走りの印象を支配するという具合です。
もともとそうではありましたが、Q50が出た今となっては、エンジンの荒っぽさにしても、硬いけど動きがもっさりしていて、かつよく曲がるわけでもないシャシーにしても、走りの味はいよいよ古くさいという印象。とはいえ、洗練され過ぎてちょっと冷たさも感じさせる最新モデルに比べたら、愛らしいという気もするから面白いものです。

(文=島下泰久/写真=日産自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「世界のNISSAN、イッキ乗り!」の過去記事リストへ
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 第379回:日本一、GT-Rを販売する男がそこにいる!
    日産ハイパフォーマンスセンター・亀戸店に潜入取材した
    2016.11.21 エッセイ 実は「日産GT-R」を購入できる販売店は、日本の日産ディーラー全体の5%に満たない。その限られた販売店は「日産ハイパフォーマンスセンター」を名乗る。われわれ取材班は、その販売現場を取材した。日本一GT-Rを売る男とは?
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る