第3回:欧・米を走るNISSANのSUV

2013.09.23 世界のNISSAN、イッキ乗り!

昨今、洋の東西に関わらず増えつつあるのが、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)だ。では、グローバル企業である日産は、日本以外の地域でどんなSUVを扱っているのか? 母国で乗れない3モデルを試してみた。

日産パスファインダー ハイブリッド
日産パスファインダー ハイブリッド
    拡大

第3回:欧・米を走るNISSANのSUVの画像 拡大

第3回:欧・米を走るNISSANのSUVの画像 拡大

第3回:欧・米を走るNISSANのSUVの画像 拡大

日産パスファインダー ハイブリッド

■完成度は高い

この秋、2014年モデルとして「パスファインダー」部隊に加わったのが「ハイブリッド」。これまで3.5リッターのV6(264ps)だけだったが、今度は4気筒2.5リッタースーパーチャージャーとモーターの組み合わせでシステム出力250psを得た 。
乗った第一印象は、「とても素直で軽快」。例えば「ムラーノ」にも3.5リッターのV6と2.5リッターの直4があって、小さい方がスポーティーだったりするが、パスファインダーも同じ。日産自慢の1モーター2クラッチ式ハイブリッドの完成度は高く、普通に走るだけでは、動力源の切り替わりなど意識できない。特に当日は、猛烈な暑さにめげてエアコンを強めに効かせたためアイドルストップも作動しなかったから、まったく普通のクルマだった。

予備知識なしに、単に燃費の良い万能クロスオーバーとして愛用するユーザーも多いだろう。リチウムイオン電池を3列目シートの下に要領よく押し込んだほか、本来の燃料タンクも小さくしてないため、850km近くもの航続距離を誇るのも特徴。もしアメリカ(の田舎)に住んだら、これ買っちゃうかも。

(文=熊倉重春/写真=日産自動車)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る