第3回:欧・米を走るNISSANのSUV

2013.09.23 特集

昨今、洋の東西に関わらず増えつつあるのが、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)だ。では、グローバル企業である日産は、日本以外の地域でどんなSUVを扱っているのか? 母国で乗れない3モデルを試してみた。

日産パスファインダー ハイブリッド
日産パスファインダー ハイブリッド

第3回:欧・米を走るNISSANのSUVの画像

第3回:欧・米を走るNISSANのSUVの画像

第3回:欧・米を走るNISSANのSUVの画像

日産パスファインダー ハイブリッド

■完成度は高い

この秋、2014年モデルとして「パスファインダー」部隊に加わったのが「ハイブリッド」。これまで3.5リッターのV6(264ps)だけだったが、今度は4気筒2.5リッタースーパーチャージャーとモーターの組み合わせでシステム出力250psを得た 。
乗った第一印象は、「とても素直で軽快」。例えば「ムラーノ」にも3.5リッターのV6と2.5リッターの直4があって、小さい方がスポーティーだったりするが、パスファインダーも同じ。日産自慢の1モーター2クラッチ式ハイブリッドの完成度は高く、普通に走るだけでは、動力源の切り替わりなど意識できない。特に当日は、猛烈な暑さにめげてエアコンを強めに効かせたためアイドルストップも作動しなかったから、まったく普通のクルマだった。

予備知識なしに、単に燃費の良い万能クロスオーバーとして愛用するユーザーも多いだろう。リチウムイオン電池を3列目シートの下に要領よく押し込んだほか、本来の燃料タンクも小さくしてないため、850km近くもの航続距離を誇るのも特徴。もしアメリカ(の田舎)に住んだら、これ買っちゃうかも。

(文=熊倉重春/写真=日産自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「世界のNISSAN、イッキ乗り!」の過去記事リストへ
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る