第13戦シンガポールGP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.09.22 自動車ニュース

【F1 2013 速報】第13戦シンガポールGP、ベッテル圧勝

F1世界選手権第13戦シンガポールGP決勝が、2013年9月22日、シンガポールのマリーナ・ベイ市街地コース(5.065km)を61周して行われた。

レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、ポールポジションからライバルを圧倒。セーフティーカーによるリードタイム帳消しも何のその、最終的には後続に32秒もの大差をつけて今季7勝目を飾った。ベッテルは3連勝で、チャンピオンシップでのリードもさらに拡大させた。

2位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。予選7位から得意のスタートで3位までジャンプアップ、セーフティーカーラン中にタイヤ交換をしたことで終盤2位までのぼりつめたがそこまで。これでランキング2位のアロンソは、3戦連続して2位の座に甘んじたことになる。

3位にはロータス・ルノーのキミ・ライコネンが入った。背中のひどい痛みに悩まされた今週末、予選では13位に沈んだが、レースではアロンソ同様セーフティーカーをきっかけに表彰台圏内まで挽回することに成功した。

フロントローに並んだニコ・ロズベルグが4位、5番グリッドのルイス・ハミルトンは5位でゴール。メルセデス勢はセーフティーカーでピットに入らず、結果的にそれがポディウムを遠ざける要因となった。

フェラーリのフェリッペ・マッサは、2ストップが大勢を占めた今回3ストップを実施し予選と同じ6位でフィニッシュ。一時は3位を走行したジェンソン・バトンはタイヤの劣化で後退し7位、そのチームメイトのセルジオ・ペレスは8位と、マクラーレン・メルセデスがダブル入賞を果たした。
ザウバー・フェラーリのニコ・ヒュルケンベルグが予選11位から9位、そしてフォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティルがグリッド順位から5つポジションアップし10位でチェッカードフラッグを受けた。


以下、11位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・ルノー)、12位エステバン・グティエレス(ザウバー)、13位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、14位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)、15位マーク・ウェバー(レッドブル)、16位ギド・バン・デル・ガルデ(ケイターハム・ルノー)、17位マックス・チルトン(マルシャ・コスワース)、18位ジュール・ビアンキ(マルシャ)、19位シャルル・ピック(ケイターハム)、20位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)が完走となった。

チャンピオンシップ首位のベッテルは獲得ポイントを247点とし、そのリードは53点から60点に拡大した。ランキング2位のアロンソは187点だが、その下は混戦状態で、151点の3位ハミルトン、149点で4位ライコネン、130点で5位のウェバーが名を連ねる。
コンストラクターズタイトル争いは、1位レッドブル377点、2位フェラーリ274点、3位メルセデス267点、4位ロータス206点、5位マクラーレン76点と、こちらもベッテル同様、レッドブルが4連覇に向けて、まい進中である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。