第4回:“大陸サイズ”のSUV

2013.09.25 世界のNISSAN、イッキ乗り!

「パスファインダー ハイブリッド」「キャシュカイ+2」「エクステラ」に続いては、とりわけ大きなSUVを紹介。特設のオフロードコースや一般道で試してみた、その感想は?

日産パトロール
日産パトロール
インフィニティQX80(以下同じ)
インフィニティQX80(以下同じ)

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像

日産パトロール/インフィニティQX80

■走るVIPルーム

「トヨタ・ランドクルーザー」とならぶ日本が誇るジャパニーズオフローダーとして、かつて日産には「サファリ」があった。そんなサファリは2007年に日本から姿を消したが、ところがどっこい海外向け(車名は「パトロール」)にきちんとフルチェンジして今も健在。最新型パトロールはランクル200よりぜいたくな四輪独立サスで、ロールを抑制する最新ダイナミクス制御システムも搭載。しかもインフィニティブランドの豪華版「QX80」も、2011年に登場している。

海外専用車ということでタガがはずれたのか、最新パトロールのボディーサイズはランクル200より堂々と大きく、QX80はそれに輪をかけて長い。乗り味もヘビー級のラグジュアリー本格オフローダーそのもので、外界から隔絶されたまさに金庫に乗って浮遊している感じ。これぞ世界のVIPルーム。

日産技術の粋を集めたハイエンドSUVだけに、パトロールもQX80も全数を日産車体九州が生産するメイド・イン・ジャパン。“日本で作る輸出専用車”という最近ではけっこうめずらしいケース。いやいや、いまも日本で作っているんだったら、ぜひ日本でもサファリ復活を! 待っている人は(数は少ないかもしれないけど)確実にいる。

(文=佐野弘宗/写真=日産自動車)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る