【スペック】コンチネンタルGTC V8:全長×全幅×全高=4806×1943×1403mm/ホイールベース=2746mm/車重=2470kg/駆動方式=4WD/4リッター V8DOHC32バルブターボ(507ps/6000rpm、67.3kgm/1700rpm)(欧州仕様車)

ベントレー・コンチネンタルGT V8/GTC V8(4WD/8AT)【海外試乗記】

やっぱりV8 2012.03.07 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGT V8/GTC V8
(4WD/8AT)

これまで12気筒モデルしかなかった「コンチネンタルGT/GTC」に、V8モデルが加わった。同モデルは、従来モデルより排気量こそ小さいものの、スポーティー色は強まっているという。スペインからの第一報。

伝統の復活

2世代目となった「コンチネンタルGT」と「コンチネンタルGTC」に、アウディとの共同開発による4リッターV8直噴ツインターボエンジンと8段ATが新たに搭載されることとなった。既存のW12ツインターボはもちろん健在で、そのまま併売されるというから、愛好家ならずともそのすみ分けが気になるところだろう(もちろんV8の方が「お買い得だろう」というのは想像できるけれど……)。ベントレーによれば、W12がラグジュアリー路線であるのに対し、V8ではよりスポーティー色が強められていると主張する。

なるほどベントレーには近年、ロールス・ロイスと“同じ”高級車イメージがついてしまっているが、歴史的にみればドライバーズカー色の濃いブランドだ。高級車ビジネスにおいて、スポーツ性がプレミアムカーの重要な要素になっている今、正統なヘリテージを持つブランドが、持ち前のスポーティーイメージを生かさない手はない。

当然、本格的な試乗テストでは、メーカーの“主張”をあらゆる角度から検証することが目的となる。スペイン北部で開催された国際試乗会には、サーキット試乗をはじめ、一般道やワインディングロード、高速道路など、さまざまなテストステージが用意されていた。

エンジンスペックは、W12のそれを68ps、4.1kgmを下回るものの、0-100km/hは4.9秒(GTCは5.0秒)、最高速度は303km/h(同301km/h)の実力を持つ。
エンジンスペックは、W12のそれを68ps、4.1kgmを下回るものの、0-100km/hは4.9秒(GTCは5.0秒)、最高速度は303km/h(同301km/h)の実力を持つ。
 
ベントレー・コンチネンタルGT V8/GTC V8(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像
 
ベントレー・コンチネンタルGT V8/GTC V8(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売 2017.5.2 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。価格は599万4000円。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
ホームへ戻る