第5回:海の向こうで大活躍 ピックアップトラック

2013.09.25 特集

例えばアメリカの道で、まず目に付く“メジャーなモデル”はピックアップトラックだ。日本のライフスタイルからはやや縁遠いかもしれないが、海外では注目されている荷台付きの2台に乗ってみた。

日産NP200
日産NP200

第5回:海の向こうで大活躍 ピックアップトラックの画像

第5回:海の向こうで大活躍 ピックアップトラックの画像

第5回:海の向こうで大活躍 ピックアップトラックの画像

日産NP200

■ルノー風味のサニトラ

カリフォルニアは相変わらずピックアップ天国だった。日産印もけっこう見かけた。でもこの「NP200」はちょっと毛色が違う。ブブゼラの響きも懐かしい南アフリカで作られる、あの「サニトラ(サニー・トラック)」の後継車であり、その実態はルノーの低価格ブランド、「ダチア・ロガン」の旧型にあったピックアップの双子車。

カラードバンパーや黒いフェンダーフレア、アルミホイールでイマドキの日産ピックアップっぽく見えるけれど、1.5リッターのディーゼルターボを回して走り始めたら、それは「カングー」や「エクスプレス」など貨客両用系ルノーの世界そのもの。2905㎜(!)のロングホイールベースとしっとり動く足のコンビに癒やされる。

現地価格は「マイクラ(マーチ)」と「ジューク」の中間。日本からピックアップが消えたのは空間効率重視の結果というが、それは働くクルマとしての判断であって、遊びグルマと考えれば安くてクールでマルチに使えて快適で、若者にはスポーツカーよりササルんじゃないだろうか? ということで「サニトラ」の名前で国内導入希望。

(文と写真=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「世界のNISSAN、イッキ乗り!」の過去記事リストへ