第6回:日本で乗れない4ドアセダン

2013.09.26 特集

今後、新型「スカイライン」として日本に導入されるであろう「インフィニティQ50」のほかにも、国内ではまだ知られていないセダンがある。「アルティマ」と、“フーガの大排気量グレード”たる「Q70 5.6 AWD」の走りをリポートする。

日産アルティマ
日産アルティマ

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像

日産アルティマ

■こんなセダンがあっていい

かつての「ブルーバード」に端を発する「アルティマ」は、2012年発表のこのモデルで5代目。北米では「カムリ」や「アコード」などをライバルとする売れ筋セダンだ。もともと競合車に比べればスポーティーなフォルムがウリだったが、今の北米日産デザインを象徴する一台という現行型は、さらに研ぎ澄まされたカタチが目を引く。

でもインテリアは一転してラグジュアリー。走りの方向性もそうだった。ステアリングの切れ味はリニアで、身のこなしは前輪駆動であることを感じさせないけれど、3.5リッターV6とコンビを組むのがCVTなのでレスポンスは穏やかだし、乗り心地は予想以上にまろやか。長距離巡航に向いていそう。なぜか「ボルボV70」を思い出した。

ヨーロッパのクルマ作りでは、エモーショナルなデザインにはそれにふさわしいハンドリングを組み合わせるのが常識。でもアメリカにはそんな堅苦しい文法はない。それがアルティマの自由で爽やかでリラックスできるキャラを生んでいる。こういうセダンがあればと思う人、自分以外にもいるんじゃないだろうか?

(文と写真=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「世界のNISSAN、イッキ乗り!」の過去記事リストへ
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る