第202回:“ファン”がなけりゃ意味がない!
フォルクスワーゲン初の量産EV「e-up!」などを試す

2013.09.25 エッセイ
フォルクスワーゲンe-up!

2018年までに年間販売1000万台を達成して、世界ナンバーワンを目指すフォルクスワーゲングループ。同グループは今回のフランクフルトショーで、もうひとつ野心的な目標を掲げた。その目標とはすなわち、同じく2018年までに「e-モビリティー」(エレクトリックモビリティー)の分野でナンバーワンになること。ショー会場では、発売を目前に控えたフォルクスワーゲンとアウディの次世代車2台がわれわれを待っていた。

3連メーターの左端はパワーインジケーターとなっており、メインスイッチオンと共に針が「off」から「0」へ移動する。ディスプレイに「Ready」と出たら発進準備完了。
82ps/21.4kgm(60kW/210Nm)を発生するモーターがボンネット下に搭載されており、前輪を駆動する。0-100km/hは12.4秒で、最高速は130km/h。
リチウムイオンバッテリーは床下に收まっている。総重量は230kg。最大容量は18.7kWhで、最長160kmを走行することができる。

静か、上質、パワフル!――フォルクスワーゲンe-up!

フランクフルトモーターショーのプレスデイを利用して、フォルクスワーゲンが開催したのが「e-モビリティー・ワークショップ」。その目玉は、ここで発表されたばかりのEVの「フォルクスワーゲンe-up!(イーアップ!)」や、プラグインハイブリッド車の「アウディA3 e-tron(イートロン)」などへの試乗である。

まず乗り込んだのは、フォルクスワーゲン初の量産EVとなるe-up!だ。さすがEVだけに加速は滑らかで、また静粛性も高いというのが第一印象。何せベースとなるup!といえば、3気筒エンジンにシングルクラッチ2ペダルのASGの組み合わせだから、その差は歴然である。はるかに上質で、高級なクルマという感覚なのだ。

力強さも十分。4名乗車でも加速感はup!より格段にパワフルで、チョイぬれの路面では不用意に踏み込むと一瞬空転するほどだった。

セレクターレバーをDレンジから左右に振ると、回生ブレーキの強さを3段階で調整できる。一番強力な設定では、ブレーキペダルを踏まずとも車両を停止まで導くことが可能。これはエンジン車では絶対に得られない感覚である。

e-up!のドイツでの販売価格は2万6900ユーロ。日本円では350万円といったところとなる。「日産リーフ」などと同等の補助金が出ると仮定すれば、実質的には270~280万円となるだろうか。それなら一考の余地ありといえそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る