ロータス・エキシージS(MR/6MT)

まごうかたなきロータス 2013.09.29 試乗記 最高出力350psの3.5リッターV6エンジンを搭載した新型「エキシージS」の魅力を、ワインディングロードで味わった。

性能を追い求めた結果のサイズアップ

全長はついに4mを超え(4080mm)、横幅も1800mmとなった。大きなV6エンジンを積むためにホイールベースは70mm延長され、車重は従来型の930kgから、250kgも増えてしまった! 2011年のフランクフルトショーで発表したプロトタイプは、1080kgだったじゃないか!?
そのスペック“だけ”を眺めると、ファナティックたちから「こんなのロータスじゃない!」という声が聞こえてきそうな新型「エキシージS」。

ただしそんなことは、当のロータスも重々承知していることだった。
そして彼らは今回のエキシージSで、「これでも文句あるか!」という、強烈な回答を用意したといっていいと思う。はっきり言ってこのクルマは、もはや初代エキシージSとは、別物である。
ただしそれは、「まったくの別物」でありながら、「まごうかたなきロータス」だからややこしい。今回はこれを筆者なりに、がんばって説明してみたい。

新型エキシージSの性能を決定付けているのは、やはりフットワークである。その核となるのは、ご存じ初代「エリーゼ」から継続しているアルミ製のバスタブシャシーだ。ちなみに新型エキシージSに使われているのは、エリーゼと同じ「スモールプラットフォーム」。サイズが大きくなったからといって、「エヴォーラ」用の「ラージプラットフォーム」を使っていないことろがミソである。

だからその着座感や、視界に見える風景は、エリーゼや先代エキシージと似ている。違うのは、インパネごしに隆起したフロントフェンダーが見えること。
つまりエキシージSがサイズアップした理由は、一般的な安全基準への適合というよりも、純粋に性能を追い求めた結果なのだ。フロント側は1499mmのトレッドを実現するために、限界といえるほどアームを延長したという。リアはV6エンジンを搭載するためにサブフレームを新設計して、やはりトレッドとホイールベースが伸ばされている。


ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】の画像
テスト車にはスエード表皮のスポーツシートなどが組み合わされる、「プレミアムスポーツインテリアパック」(30万円)が装着されていた。
テスト車にはスエード表皮のスポーツシートなどが組み合わされる、「プレミアムスポーツインテリアパック」(30万円)が装着されていた。
シートとセンターコンソールに施される黄色のステッチはオプション(5万円)となる。
シートとセンターコンソールに施される黄色のステッチはオプション(5万円)となる。
ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る