フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)

名人の境地に 2013.09.25 試乗記 運動性能と環境性能を大幅に向上させたとうたわれる新型「ゴルフGTI」。7代目となるホットモデルの走りは、どのように進化を遂げたのか。

燃費もパワーも向上

7代目「ゴルフ」に続いて、7代目の「GTI」がやってきた。当然の成り行きのようだが、鬼のようなCO2規制を進めているヨーロッパで、GTIに代表される実用車シリーズの高性能モデルが、無事ニュージェネレーションに移行できたことは、大拍手モノであると思う。

欧州の最新排ガス規制、ユーロ6に適合した新型は、燃費を旧型より18%改善し、同時に0-100km/hも6.9秒から6.5秒に向上させた。燃費と速さという二律背反の性能を、これだけの伸びシロで改善したのはすごい。
エンジンは3世代目にあたる2リッター4気筒ターボのEA888ユニット。今回は直噴+マルチポート噴射のデュアルインジェクション化など、シリンダーヘッドまわりを刷新し、最大トルクは28.6kgmから35.7kgm(=350Nm。「メルセデス・ベンツA250」とピッタリ同じ)にアップし、パワーは9psプラスの220psになった。76年に登場した初代GTIのちょうど2倍というからビックリだ。変速機はこれまでどおり6段DSGである。

高強度鋼板の採用により、サスペンションはフロントで旧型比1.6kg、リアで4.0kg軽量化された。コーナリング時の安定性とファン・トゥ・ドライブに効く電子制御デフロック“XDS”は“XDS+”に進化した。
ふだんの操縦フィールにも効きそうなところでは、プログレッシブステアリングの採用だ。これにより、フツーのゴルフで2.75回転のロック・トゥ・ロックが2.1回転に減った。
全長が65mm延びた5ドアボディーは、ひとことで言うと、すんなりした。顔の表情も含めて、 旧型のほうがインパクトがあって、イバリもきいたような気がする。

「GTI」の伝統であるフロントグリルの赤いラインは、新型ではヘッドライト内にまで延長された。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。220psと35.7kgmを発生する。
ステアリングを切り込むに従ってギヤ比が累進的に変化する「プログレッシブステアリング」をフォルクスワーゲン車として初めて採用する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る