フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)

名人の境地に 2013.09.25 試乗記 運動性能と環境性能を大幅に向上させたとうたわれる新型「ゴルフGTI」。7代目となるホットモデルの走りは、どのように進化を遂げたのか。

燃費もパワーも向上

7代目「ゴルフ」に続いて、7代目の「GTI」がやってきた。当然の成り行きのようだが、鬼のようなCO2規制を進めているヨーロッパで、GTIに代表される実用車シリーズの高性能モデルが、無事ニュージェネレーションに移行できたことは、大拍手モノであると思う。

欧州の最新排ガス規制、ユーロ6に適合した新型は、燃費を旧型より18%改善し、同時に0-100km/hも6.9秒から6.5秒に向上させた。燃費と速さという二律背反の性能を、これだけの伸びシロで改善したのはすごい。
エンジンは3世代目にあたる2リッター4気筒ターボのEA888ユニット。今回は直噴+マルチポート噴射のデュアルインジェクション化など、シリンダーヘッドまわりを刷新し、最大トルクは28.6kgmから35.7kgm(=350Nm。「メルセデス・ベンツA250」とピッタリ同じ)にアップし、パワーは9psプラスの220psになった。76年に登場した初代GTIのちょうど2倍というからビックリだ。変速機はこれまでどおり6段DSGである。

高強度鋼板の採用により、サスペンションはフロントで旧型比1.6kg、リアで4.0kg軽量化された。コーナリング時の安定性とファン・トゥ・ドライブに効く電子制御デフロック“XDS”は“XDS+”に進化した。
ふだんの操縦フィールにも効きそうなところでは、プログレッシブステアリングの採用だ。これにより、フツーのゴルフで2.75回転のロック・トゥ・ロックが2.1回転に減った。
全長が65mm延びた5ドアボディーは、ひとことで言うと、すんなりした。顔の表情も含めて、 旧型のほうがインパクトがあって、イバリもきいたような気がする。

「GTI」の伝統であるフロントグリルの赤いラインは、新型ではヘッドライト内にまで延長された。
「GTI」の伝統であるフロントグリルの赤いラインは、新型ではヘッドライト内にまで延長された。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。220psと35.7kgmを発生する。
搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。220psと35.7kgmを発生する。
ステアリングを切り込むに従ってギヤ比が累進的に変化する「プログレッシブステアリング」をフォルクスワーゲン車として初めて採用する。
ステアリングを切り込むに従ってギヤ比が累進的に変化する「プログレッシブステアリング」をフォルクスワーゲン車として初めて採用する。

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る