「ジャガーXJ」2014年モデルはさらに快適に

2013.09.24 自動車ニュース
「ジャガーXJ」

「ジャガーXJ」2014年モデルはさらに快適に

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年9月24日、フラッグシップサルーン「XJ」の2014年モデルについて、仕様および価格を発表。同日に受注を開始した。

 

2014年モデルの「ジャガーXJ」では、2リッター直4ターボの「2.0ラグジュアリー」に、アイドリングストップ機能が与えられた。これにより、同車の燃費(JC08モード)は、9.3km/リッターから11.5km/リッターへと向上した。

機能面では、「3.0プレミアムラグジュアリー」以上の上級モデルに、半ドアを防止する「ソフトドアクローズ機構」が備わるのがニュース(「2.0ラグジュアリー」ではオプション)。
最上級モデル「スーパースポーツ(ロングホイールベース仕様:LWB)」では、ヘッドルームが13mm拡大。マッサージ機能や電動リアサイドブラインドなどを備える「リアシートパッケージ」や、これにデュアル10.2インチ液晶スクリーン付きリアシートエンターテイメントなどを加えた「プレミアムリアシートパッケージ」といった、快適性を高めるオプションも用意される。

価格は、以下の通り。

・2.0ラグジュアリー:900万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:1100万円
・3.0ポートフォリオ:1300万円
・5.0スーパースポーツ(LWB):1835万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る