「ジャガーXJ」2014年モデルはさらに快適に

2013.09.24 自動車ニュース
「ジャガーXJ」
「ジャガーXJ」
    拡大

「ジャガーXJ」2014年モデルはさらに快適に

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年9月24日、フラッグシップサルーン「XJ」の2014年モデルについて、仕様および価格を発表。同日に受注を開始した。

 

2014年モデルの「ジャガーXJ」では、2リッター直4ターボの「2.0ラグジュアリー」に、アイドリングストップ機能が与えられた。これにより、同車の燃費(JC08モード)は、9.3km/リッターから11.5km/リッターへと向上した。

機能面では、「3.0プレミアムラグジュアリー」以上の上級モデルに、半ドアを防止する「ソフトドアクローズ機構」が備わるのがニュース(「2.0ラグジュアリー」ではオプション)。
最上級モデル「スーパースポーツ(ロングホイールベース仕様:LWB)」では、ヘッドルームが13mm拡大。マッサージ機能や電動リアサイドブラインドなどを備える「リアシートパッケージ」や、これにデュアル10.2インチ液晶スクリーン付きリアシートエンターテイメントなどを加えた「プレミアムリアシートパッケージ」といった、快適性を高めるオプションも用意される。

価格は、以下の通り。

・2.0ラグジュアリー:900万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:1100万円
・3.0ポートフォリオ:1300万円
・5.0スーパースポーツ(LWB):1835万円

(webCG)

関連キーワード:
XJジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジャガーが「XJ」の2018年モデルを日本に導入 2017.10.13 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年10月13日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」の2018年モデルを発表し、受注を開始した。2018年モデルでは、“XJ史上最もパワフル”な新グレード「XJR575」をラインナップに追加した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る