第7回:世界の街で働くクルマ

2013.09.26 世界のNISSAN、イッキ乗り!

「NV200」がニューヨーク市のタクシー(イエローキャブ)に採用されるなど、話題豊富な日産の商用車。ここでは、日本で見られないモデルや、これから登場するであろう“未来の働くクルマ”を紹介する。

日産e-NV200コンセプト
日産e-NV200コンセプト

第7回:世界の街で働くクルマの画像

第7回:世界の街で働くクルマの画像

第7回:世界の街で働くクルマの画像

日産e-NV200コンセプト

■“使えるクルマ”の大本命

「e-NV200コンセプト」は、「日産NV200」をベースとするコンセプトモデル。いまや量産型電気自動車(EV)の約半数を占めるという、「リーフ」のパワートレインを使った商用車だ。

乗り込んでみると、メーターやインストゥルメントパネルもリーフと同じ。基本的な操作方法も同様だし、踏めば「おお!」と声が出る、モータードライブならではの強力な加速もそのままだ。
逆にリーフと違うのは、後席の後方に広がる、NV200ゆずりの広大な荷室である。奥行きは2m。パッと見、業務用デスクなら2つ重ねて飲み込めそうなラゲッジルーム。ステアリングが驚くほど切れて、小回りが利くのも特徴。むむむ、これって、究極の“使えるクルマ”なんじゃないか!?

想定される用途はもちろん、宅配サービスをはじめとする運送業。日常目にする配送車のアイドリングストップや、自転車を使っての配送風景を思い起こすに、e-NV200は大いに活躍できそうだ。
プロトタイプというものの、いまは量産に向けての最終段階。2014年内にも街を走りだすらしい。取り扱い国は未定。日本に限らず、さまざまな国で活躍してほしい。

(文=webCG 関/写真=webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る