第8回:走りが際立つNISSAN車

2013.09.27 世界のNISSAN、イッキ乗り!

特別仕立ての超ハイパフォーマンスモデルから、衝突回避や車庫入れを自動でこなせる先進のデモカーまで。最終回は、“技術の日産”が垣間見られる、スペシャルモデルの走りを報告する。

日産GT-R GT3
日産GT-R GT3

第8回:走りが際立つNISSAN車の画像

第8回:走りが際立つNISSAN車の画像

第8回:走りが際立つNISSAN車の画像

日産GT-R GT3

■本気で攻めたら楽しそう

いま世界で隆盛を誇っているFIA GT3規定に沿って生み出されたレーシングカー、「日産GT-R GT3」。2ドアスポーツカーをベースとする後輪駆動のマシンは、FIAによって車両間の性能調整が施され、多くのマシンに勝つチャンスがあるため、「ポルシェ911 GT3R」「フェラーリ458イタリアGT3」「メルセデス・ベンツSLS AMG GT3」……とさまざまな車両が参入している。
と、一応説明をば。まさか、こんなクルマに乗れるなんて! と、試乗車リストを見てサイコーに興奮したのですが、いざ臨んでみたら助手席同乗試乗でした……やっぱりね。

その心臓であるVT38DETT型エンジンの最高出力は550ps以上。とはいえ、今や700psオーバーの市販車もあるだけに加速は、速いけれど、目玉が飛び出るほどの驚きはない。「こんなに奥まで行っちゃうの!?」と当惑するぐらい効くブレーキにさえ慣れれば、自分でも乗れるかなと思いました(過信しました)。ABSもトラコンもありますし。もちろん、レースをするのは別の問題ですが、うーん、本気で攻めたら楽しいだろうなぁ。
ちなみにGT3車両は、一般ユーザーも購入が可能。GT-R GT3は日本では税込み4179万円です。買ってたまに私も乗せてくださる方、募集します。

(文=島下泰久/写真=日産自動車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「世界のNISSAN、イッキ乗り!」の過去記事リストへ
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(NISMO編)【試乗記】 2015.7.28 試乗記 NISMO/無限/STI/TRDという自動車メーカー直系の4ブランドが、箱根で合同試乗会を開催。モータースポーツ活動で培ってきた各社の経験は、市販モデルの性能向上にどう生かされているのか? 今回はNISMOの3車種をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る