メルセデス「Gクラス」にディーゼルモデル登場

2013.09.25 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」

「メルセデス・ベンツGクラス」にディーゼルモデル登場

メルセデス・ベンツ日本は2013年9月25日、「Gクラス」にディーゼルエンジン搭載車の「G350ブルーテック」を設定し、販売を開始した。



発表会場にて、トリックアートの趣向を凝らして展示されていた「メルセデス・ベンツGクラス」

Gクラスは1979年の登場以来、34年にわたり販売が続けられているクロスカントリービークルである。

同車のディーゼル仕様としては23年ぶりの日本導入となるG350ブルーテックは、パワーユニットに最高出力211ps 、最大トルク55.1kgm(540Nm)の3リッターV6ディーゼルターボエンジンを搭載。JC08モードでの計測値は発表されていないが、欧州仕様の燃費は8.9km/リッターとされている。

また排出ガスの浄化システムには、他のメルセデス・ベンツのディーゼル車と同じく、排気に尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射することで化学反応(還元作用)を起こし、有害な窒素酸化物(NOx)を削減する尿素SCR(選択型触媒還元)方式を採用。日本のポスト新長期規制に適合する、優れた環境性能を実現している。

ハンドル位置は、現行Gクラスの中では唯一となる右側の設定。価格は989万円で、納車開始時期は2013年11月下旬を予定している。

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る