「BMW X1」に限定車「ファッショニスタ」が登場

2013.09.25 自動車ニュース
「BMW X1ファッショニスタ」
「BMW X1ファッショニスタ」

「BMW X1」に限定車「ファッショニスタ」が登場

BMWジャパンは2013年9月25日、コンパクトSUV「X1」に特別仕様車「X1 Fashionista(ファッショニスタ)」を設定し、300台の台数限定で販売を開始した。

 

今回の限定モデルは、2リッター直4ターボエンジンを搭載したFR車の「X1 sDrive20i」と4WD車の「X1 xDrive20i」をベースに、専用の内外装や充実した装備を採用したものである。

エクステリアカラーは「アルピンホワイトIII」のみの設定で、ボディーの随所にクロムのアクセントを配置。一方インテリアには、ベージュのネバダレザーとファインラインライトウッド・インテリアトリムを使用している。

また装備については、フロントシートヒーターやパークディスタンスコントロール(リア)などを標準で採用。オプションで「iDriveナビゲーションパッケージ」と「パーキングサポートパッケージ」をセットで設定(20万円)している。

具体的な仕様、装備は以下の通り。

エクステリア
・クロム仕上げキドニーグリル(マットシルバーバー)
・サイドスカートのインサート(マットシルバー)
・クロムラインエクステリア
・ルーフレール(サテンアルミニウム)
・18インチ ダブルスポークスタイリング321アロイホイール(8Jx18)+225/45R18タイヤ(ランフラットタイヤ)

インテリア
・シート/インテリアカラー:ネバダレザー ベージュ/ベージュ
・ファインラインライトウッド・インテリアトリム
・「Fashionista」専用インテリアバッジ

装備
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・PDC/パークディスタンスコントロール(リア)
・マルチファンクションスポーツレザー・ステアリングホイール

価格は「X1 sDrive20i ファッショニスタ」が449万円、「X1 xDrive20i ファッショニスタ」が475万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディQ5 2.0 TFSIクワトロ/Q5 3.0 TDIクワトロ【海外試乗記】 2016.12.15 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディQ5」を試すため、リポーターはメキシコへ。大ヒットモデルは、どのような進化を果たしたのか? ガソリンターボモデルと、従来型では国内未導入だったディーゼルモデルの試乗を通じて、そのポイントを探った。
  • BMW X1 xDrive20i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2015.11.28 試乗記 従来モデルからすべてを一新。新たにエンジン横置きのFF系プラットフォームを採用した新型「BMW X1」が日本で発売された。FFベースとなったことでドライブフィールはどう変わったか。その走りの実力と、大幅に進化を遂げたというパッケージングを確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る