第315回:クルマの天井にパリの地図が!?
「ご当地カー」を開発せよ!

2013.09.27 エッセイ

Made in France

今年のフランクフルトモーターショーは2013年9月22日、11日間の一般公開期間を終えた。閉幕直後の発表による来場者数は約90万人だ。2011年は92万8100人だったから前回より減少した可能性が高い。
それでもドイツ系メーカーによる怒濤(どとう)ともいえる展示は印象的だった。彼らは、2014年末までにプライグインハイブリッドとレンジエクステンダー型を合わせて16車種の電気自動車を発売する見通しだ。ドイツ系サプライヤーも全自動運転などのテクノロジーを競うように誇った。

そんな押しの一手ともいえるドイツ勢がひしめく会場で、意外にも輝いて映ったコンセプトカーがある。ルノーが公開した「イニシャル パリ」だ。
パトリック・ルケモンの後を継いで2009年にルノーのデザイン担当副社長に就任したローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏のディレクションによる6番目のコンセプトカーである。

メーカーはこのイニシャル パリを、次世代の「エスパス」を示唆するものであると明かしている。
エクステリアデザインは航空機のイメージを採り入れ、強靱(きょうじん)さと軽やかさを表現したものという。しかしボクにとって、ひたすら力感とテクノロジーで迫るドイツ車を見たあとで、実は繊細で情感的なラインで構成されたイニシャル パリを鑑賞することは、第一部ベートーベンのあと、第二部サン=サーンスのプログラムが組まれた演奏会を聴いたような心地よさがあった。

さらに近づいてみると、テールゲートには車名どおり「PARIS」の文字が記されている。いっぽうサイドには「Made in France」「de l'art du voyage(旅の術)」といったフランス語がさりげなく入っている。

次期「ルノー・エスパス」を示唆する「ルノー・イニシャル パリ」。「旅の手段におけるプレミアムクラス」を目指した。筆者個人的には、かつての「アヴァンタイム」も想起させる。全長は4850mm。
次期「ルノー・エスパス」を示唆する「ルノー・イニシャル パリ」。「旅の手段におけるプレミアムクラス」を目指した。筆者個人的には、かつての「アヴァンタイム」も想起させる。全長は4850mm。
Aピラーの付け根には「de l'art du voyage(旅の術)」の文字が。
Aピラーの付け根には「de l'art du voyage(旅の術)」の文字が。
Cピラーには「made in France」のサイン。
Cピラーには「made in France」のサイン。
「イニシャル パリ」のインテリア。
「イニシャル パリ」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。