第10回:柔軟? それとも棄国!?
NISSAN 360で分かったインフィニティ香港ブランド化の衝撃!

2013.09.28 エッセイ

イベントを通してアイデンティティーを再確認

いやはや「NISSAN 360」、久々に衝撃、大衝撃! ですよ。いわゆる見えてきた“日産自動車の未来”であり“自動車メーカーとしての進化”にね。

ほかのページにも出ている通り、NISSAN 360はざっというと日産自動車を「360度味わい尽くす」イベント。英国BBC『トップギア』じゃないけど、北米カリフォルニアのアーバインにある広大な元米空軍飛行場に全世界で販売されている日産車を集め、ぜいたくにも全世界のメディアにイッキ乗りさせるんだけど、その規模からしてメッチャ、ハンパない。
北米や欧州、南米、それに日本を含むアジアから、全900名のメディアを9グループに分け、5週間かけて招待する大イベント。日本人ジャーナリストだけで120名! ホンマにそんないたんかい? ってレベルだけど、実は開催するごとに規模が膨れあがっているそうだ。今回の参加者は総勢1500人で、聞けばそのうち600人ぐらいはグローバルな日産の関係者。要は、ある意味“全世界的社内イベント”にもなっている。

でも、1999年にフランス元国営企業の「ルノー」と日本を代表する「日産」が合併してできた企業ってそういうことなんだよね。そもそも会社のアイデンティティー自体がデカすぎて、4年に1回のオリンピック的間隔で、内外ともに集まれるだけ集まって確認しないと自分たちの位置がよく分からない。

おそらくトヨタやホンダはいくらデカくなってもこの手のイベントはやらないか、やっても日本国内で、ということになるのだろう。そもそも、どちらも基本日本国籍だから独特の“あうんの呼吸”があって、おそらくルノー日産グループのような「確認」を必要としない。でもルノー日産は、そうはいかないわけよ。

「インフィニティQ70(日本名:日産フーガ」を前に。このほかにも、会場には日本ではお目にかかれない海外向けの日産車が大集合していた。
「インフィニティQ70(日本名:日産フーガ」を前に。このほかにも、会場には日本ではお目にかかれない海外向けの日産車が大集合していた。
こちらは2013年10月からニューヨークで本格的に走りだす「NV200ニューヨークタクシー」。イエローキャブが日産車になるということで、発表時には日本でも話題になった記憶が。
こちらは2013年10月からニューヨークで本格的に走りだす「NV200ニューヨークタクシー」。イエローキャブが日産車になるということで、発表時には日本でも話題になった記憶が。
イベントに参加した世界各国のメディアや日産関係者(の一部)。参加者は5日間合計で1500人にものぼるとか。
イベントに参加した世界各国のメディアや日産関係者(の一部)。参加者は5日間合計で1500人にものぼるとか。
夕食会の会場には、日産の歴史を語る上で欠かせない名車を展示。こちらは1958年のオーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」でクラス優勝を遂げた、「ダットサン210“富士号”」。
夕食会の会場には、日産の歴史を語る上で欠かせない名車を展示。こちらは1958年のオーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」でクラス優勝を遂げた、「ダットサン210“富士号”」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』