BMW M6グランクーペ(FR/7AT)

大人にとってのベストM!? 2013.09.30 試乗記 最高出力560ps、最大トルク69.3kgmの怪物「BMW M6グランクーペ」に試乗。同じ心臓を持つ「M5」とも「M6クーペ/カブリオレ」とも異なる、このクルマならではの魅力を探る。

世界で一番疲れるクルマ?

今をときめく4ドアクーペが、BMWの「6シリーズ」……というか「5シリーズ」ベースで出たときに、これは容易に想定されたモデルである。「6シリーズ グランクーペ」の「M」。その名も「M6グランクーペ」。ハードウエアの順列組み合わせでは「あって当然」の存在である。

そういえば、私が初めて乗った「M5」は3世代前。マニア言葉でいうところのE34ベースのヤツ。M5(ないしはそのクーペ版たる「M6」)としては最後の直6(当時は3.6リッター)を積んでおり、もちろん仕事にかこつけての役得試乗だった。それ以降、4リッターV8の先々代にも、5リッターV10の先代にも試乗経験があるが、私のまったく個人的かつ勝手なM5/M6の印象は、とにかく「世界で一番乗って疲れるクルマ」である。まあ、こうした借り物試乗では、フェラーリやベントレーなどの超高級車もヘトヘトに気疲れしてしまうものだが、歴代M5/M6で味わった疲労感はそれとは別物である。

歴代M5/M6のエンジンはずっと自然吸気だった。しかも、4リッター、5リッターという大排気量にして8000rpmを軽々とオーバーして、リッター100psは当たり前。こういう本物のハイチューン自然吸気ユニットのレスポンスはすさまじい。過給器付きエンジンのように地の底からわき出るパンチ力はないのだが、エンジン回転に正比例して、供出されるトルクも正確に増減する。だから、スロットルペダルに乗せた足の指を意識しただけで明確にエンジンの息吹が反応した。それは加速側だけでなく減速側でも超速レスポンス。アクビしただけでクルマが明確に加減速してオットット……というのは誇張でもなんでもなかった。乗り手のテンションが高いときにはこれほど気持ちいいクルマもないが、徹夜明けでボケーッと移動したい気分のときに、これほど疲れたクルマを私は他に知らない。

というわけで、M6グランクーペなのだが、ご承知のように現行世代のM5/M6系のエンジンはターボ過給。いかに緻密かつ本格的に仕立てられた過給エンジンといえども、それと同等のレベルで世界最高のエンジン職人が調律した自然吸気エンジンのレスポンスとは別物である。正直なところ、かつての自然吸気のような右足に食いつくようなレスポンス(特に減速方向の回転落ち)はない。

5mを超える全長をもちながら、全高は1.4mに満たないというユニークなボディー形状の「M6グランクーペ」。同じエンジンを搭載する「M5」と比べると、全長は95mm長く、全幅は10mm幅広く、全高は75mm低い。
5mを超える全長をもちながら、全高は1.4mに満たないというユニークなボディー形状の「M6グランクーペ」。同じエンジンを搭載する「M5」と比べると、全長は95mm長く、全幅は10mm幅広く、全高は75mm低い。
ダッシュボードやドアトリムなどにメリノレザーをあしらったインテリア。テスト車にはセミオーダーメイドプログラムである「Individual」の、ピアノブラックのトリムが採用されていた。
ダッシュボードやドアトリムなどにメリノレザーをあしらったインテリア。テスト車にはセミオーダーメイドプログラムである「Individual」の、ピアノブラックのトリムが採用されていた。
運転席と助手席には、メモリー機能付きの電動調整機構やシートヒーターなどの快適装備を標準で採用している。
運転席と助手席には、メモリー機能付きの電動調整機構やシートヒーターなどの快適装備を標準で採用している。
6:4分割可倒式のリアシート。3人用だが、中央席ではセンターコンソールをまたいで座ることになる。
6:4分割可倒式のリアシート。3人用だが、中央席ではセンターコンソールをまたいで座ることになる。
Cピラーにあしらわれた「Gran Coupe」のロゴ。
Cピラーにあしらわれた「Gran Coupe」のロゴ。
関連記事
  • BMW M6グランクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2013.9.30 試乗記 最高出力560ps、最大トルク69.3kgmの怪物「BMW M6グランクーペ」に試乗。同じ心臓を持つ「M5」とも「M6クーペ/カブリオレ」とも異なる、このクルマならではの魅力を探る。
  • 「BMW M6グランクーペ」が日本上陸 2013.1.17 自動車ニュース BMWジャパンは2013年1月16日、4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「M6グランクーペ」の予約受付を開始した。納車は2013年5月からを予定している。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • メルセデス・ベンツが『スター・ウォーズ』とコラボした「CLA」を発表 2017.5.2 自動車ニュース 2017年5月2日、5月4日の「スター・ウォーズの日」(“May the Force be with you”と“May the Fourth”の語呂合わせ)を前にして、メルセデス・ベンツと映画『スター・ウォーズ』がコラボした特別プロジェクト発表イベントが都内で開催された。
  • ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売 2017.5.2 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。価格は599万4000円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る