BMW M6グランクーペ(FR/7AT)

大人にとってのベストM!? 2013.09.30 試乗記 最高出力560ps、最大トルク69.3kgmの怪物「BMW M6グランクーペ」に試乗。同じ心臓を持つ「M5」とも「M6クーペ/カブリオレ」とも異なる、このクルマならではの魅力を探る。

世界で一番疲れるクルマ?

今をときめく4ドアクーペが、BMWの「6シリーズ」……というか「5シリーズ」ベースで出たときに、これは容易に想定されたモデルである。「6シリーズ グランクーペ」の「M」。その名も「M6グランクーペ」。ハードウエアの順列組み合わせでは「あって当然」の存在である。

そういえば、私が初めて乗った「M5」は3世代前。マニア言葉でいうところのE34ベースのヤツ。M5(ないしはそのクーペ版たる「M6」)としては最後の直6(当時は3.6リッター)を積んでおり、もちろん仕事にかこつけての役得試乗だった。それ以降、4リッターV8の先々代にも、5リッターV10の先代にも試乗経験があるが、私のまったく個人的かつ勝手なM5/M6の印象は、とにかく「世界で一番乗って疲れるクルマ」である。まあ、こうした借り物試乗では、フェラーリやベントレーなどの超高級車もヘトヘトに気疲れしてしまうものだが、歴代M5/M6で味わった疲労感はそれとは別物である。

歴代M5/M6のエンジンはずっと自然吸気だった。しかも、4リッター、5リッターという大排気量にして8000rpmを軽々とオーバーして、リッター100psは当たり前。こういう本物のハイチューン自然吸気ユニットのレスポンスはすさまじい。過給器付きエンジンのように地の底からわき出るパンチ力はないのだが、エンジン回転に正比例して、供出されるトルクも正確に増減する。だから、スロットルペダルに乗せた足の指を意識しただけで明確にエンジンの息吹が反応した。それは加速側だけでなく減速側でも超速レスポンス。アクビしただけでクルマが明確に加減速してオットット……というのは誇張でもなんでもなかった。乗り手のテンションが高いときにはこれほど気持ちいいクルマもないが、徹夜明けでボケーッと移動したい気分のときに、これほど疲れたクルマを私は他に知らない。

というわけで、M6グランクーペなのだが、ご承知のように現行世代のM5/M6系のエンジンはターボ過給。いかに緻密かつ本格的に仕立てられた過給エンジンといえども、それと同等のレベルで世界最高のエンジン職人が調律した自然吸気エンジンのレスポンスとは別物である。正直なところ、かつての自然吸気のような右足に食いつくようなレスポンス(特に減速方向の回転落ち)はない。

5mを超える全長をもちながら、全高は1.4mに満たないというユニークなボディー形状の「M6グランクーペ」。同じエンジンを搭載する「M5」と比べると、全長は95mm長く、全幅は10mm幅広く、全高は75mm低い。
5mを超える全長をもちながら、全高は1.4mに満たないというユニークなボディー形状の「M6グランクーペ」。同じエンジンを搭載する「M5」と比べると、全長は95mm長く、全幅は10mm幅広く、全高は75mm低い。
ダッシュボードやドアトリムなどにメリノレザーをあしらったインテリア。テスト車にはセミオーダーメイドプログラムである「Individual」の、ピアノブラックのトリムが採用されていた。
ダッシュボードやドアトリムなどにメリノレザーをあしらったインテリア。テスト車にはセミオーダーメイドプログラムである「Individual」の、ピアノブラックのトリムが採用されていた。
運転席と助手席には、メモリー機能付きの電動調整機構やシートヒーターなどの快適装備を標準で採用している。
運転席と助手席には、メモリー機能付きの電動調整機構やシートヒーターなどの快適装備を標準で採用している。
6:4分割可倒式のリアシート。3人用だが、中央席ではセンターコンソールをまたいで座ることになる。
6:4分割可倒式のリアシート。3人用だが、中央席ではセンターコンソールをまたいで座ることになる。
Cピラーにあしらわれた「Gran Coupe」のロゴ。
Cピラーにあしらわれた「Gran Coupe」のロゴ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M6グランクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る