「レンジローバー」に3リッターV6モデル登場

2013.09.27 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー」
「ランドローバー・レンジローバー」

「ランドローバー・レンジローバー」に3リッターV6モデル登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年9月26日、「ランドローバー・レンジローバー」の2014年モデルを、同年10月1日に発売すると発表した。

 

2014年モデルでは、ガソリン高圧直噴システムやツイン可変バルブタイミング機構などを備えたスーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジンを新たに設定した。このエンジンは既存の5リッターV8自然吸気エンジンに代わるもので、340ps/6500rpmの最高出力と45.9kgm(450Nm)/3500rpmの最大トルクを発生。トランスミッションには8段ATを組み合わせている。

また、このV6エンジン搭載車を含め、全グレードにアイドリングストップ機構を採用。「5.0 V8スーパーチャージド ヴォーグ」の場合、燃費を従来モデルの5.3km/リッターから7.4km/リッターに改善した(JC08モード)。

オプション装備の強化も図っており、駐車スペースから後退して車両を出す際に車両の後方を監視し、必要に応じてドライバーに注意をうながす「リバーストラフィックディテクション」や、自動でステアリング操作を行うことで縦列駐車をサポートする「パークアシスト機能」、小川や冠水した道路などに侵入する際、水深の深さを知らせるとともに、水深が深すぎる場合には警告を発する「ウェイドセンシング機能」を追加した。

2014年モデルのラインナップと価格は以下の通り。
・3.0 V6スーパーチャージド ヴォーグ:1230万円
・5.0 V8スーパーチャージド ヴォーグ:1490万円
・オートバイオグラフィー:1670万円

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバーランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る