「水野和敏的視点」 vol.17「ジャガーFタイプ V8 S」

2013.09.27 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.17「ジャガーFタイプ V8 S」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。ジャガーが久々に送り出す、アルミボディーのピュアスポーツ「Fタイプ」。その魅力を“ミスターGT-R”が分析する。

 
「水野和敏的視点」 vol.17「ジャガーFタイプ V8 S」 の画像 拡大
 
「水野和敏的視点」 vol.17「ジャガーFタイプ V8 S」 の画像 拡大
ジャガーFタイプ V8 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1925×1310mm/ホイールベース:2620mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:495ps/6500rpm/最大トルク:63.7kgm/2500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20 (後)295/30ZR20/価格:1250万円
ジャガーFタイプ V8 S
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1925×1310mm/ホイールベース:2620mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:495ps/6500rpm/最大トルク:63.7kgm/2500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20 (後)295/30ZR20/価格:1250万円 拡大

■作り手の意志がハッキリ見える

今回取り上げるクルマは、ジャガーが半世紀ぶりに作ったピュアスポーツカー「ジャガーFタイプ」です。アルミボディーを持つ2シーターオープンで、5リッターV8(495ps、63.7kgm)を積んだ「Fタイプ V8 S」(1250万円)と、3リッターV6(340ps、45.9kgm)の「Fタイプ」(950万円)がラインナップされます。いずれのエンジンも、スーパーチャージャー付き。試乗車はV8を搭載する前者です。

前回、「ポルシェ・ボクスター」を試乗したときに、「スポーツカーでは、『こういうクルマをつくりたい!』という作り手の意志が大事だ」というハナシをしました。ジャガーFタイプには、その意志がハッキリと見えます。

別に、ニュルブルクリンクやサーキットを攻めなくてもいいんです。50代、60代のオーナーが、ロマンスグレーの色気を放ちながら走らせる。5リッターという大排気量で、アクセルを踏んだ瞬間、ドドドドッ……と湧き出る太いトルク。一方、乗り心地には角がなくて、いわゆるフラットライド。そうした堂々たるスポーツカーに、年を重ねた紳士が優雅に乗る。

インテリアも素晴らしい。上質なレザーを使って、シボの取り方までデザインしてる。ステッチもみごと。樹脂部分はつや消しの黒を使って目立たなくする、いわゆる“黒子処理”を採っています。どうしても目に付く部分は、素材段階から色を練り込んだ、ピアノブラックを使っている。スイッチ類に光り物を使うのは、この手のラグジュアリースポーツの定石です。Fタイプの場合、ところどころに使われるカッパー(銅色)の差し色もうまい。主役と黒子の役割分担を含め、基本に忠実なコーディネートです。

このように、ターゲットカスタマーの嗜好(しこう)に沿って、インテリアがハイクオリティーにまとめてあるんですね。「ヨーロッパの大陸にはないスポーツカーを、イギリスの伝統の中に創るんだ」という、作り手の強い意志を感じます。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブルジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ V8 S(FR/8AT)【試乗記】 2013.7.21 試乗記 「Eタイプ」以来、ジャガーが50年余りの時を経て世に問うた2シータースポーツカー「Fタイプ」。その“本気度合い”を知るために、箱根のワインディングロードで5リッターV8スーパーチャージドユニットを解き放った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
ホームへ戻る