「水野和敏的視点」 vol.17「ジャガーFタイプ V8 S」

2013.09.27 mobileCG
 

「水野和敏的視点」 vol.17「ジャガーFタイプ V8 S」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。ジャガーが久々に送り出す、アルミボディーのピュアスポーツ「Fタイプ」。その魅力を“ミスターGT-R”が分析する。

 
 
ジャガーFタイプ V8 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4470×1925×1310mm/ホイールベース:2620mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:495ps/6500rpm/最大トルク:63.7kgm/2500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR20 (後)295/30ZR20/価格:1250万円

■作り手の意志がハッキリ見える

今回取り上げるクルマは、ジャガーが半世紀ぶりに作ったピュアスポーツカー「ジャガーFタイプ」です。アルミボディーを持つ2シーターオープンで、5リッターV8(495ps、63.7kgm)を積んだ「Fタイプ V8 S」(1250万円)と、3リッターV6(340ps、45.9kgm)の「Fタイプ」(950万円)がラインナップされます。いずれのエンジンも、スーパーチャージャー付き。試乗車はV8を搭載する前者です。

前回、「ポルシェ・ボクスター」を試乗したときに、「スポーツカーでは、『こういうクルマをつくりたい!』という作り手の意志が大事だ」というハナシをしました。ジャガーFタイプには、その意志がハッキリと見えます。

別に、ニュルブルクリンクやサーキットを攻めなくてもいいんです。50代、60代のオーナーが、ロマンスグレーの色気を放ちながら走らせる。5リッターという大排気量で、アクセルを踏んだ瞬間、ドドドドッ……と湧き出る太いトルク。一方、乗り心地には角がなくて、いわゆるフラットライド。そうした堂々たるスポーツカーに、年を重ねた紳士が優雅に乗る。

インテリアも素晴らしい。上質なレザーを使って、シボの取り方までデザインしてる。ステッチもみごと。樹脂部分はつや消しの黒を使って目立たなくする、いわゆる“黒子処理”を採っています。どうしても目に付く部分は、素材段階から色を練り込んだ、ピアノブラックを使っている。スイッチ類に光り物を使うのは、この手のラグジュアリースポーツの定石です。Fタイプの場合、ところどころに使われるカッパー(銅色)の差し色もうまい。主役と黒子の役割分担を含め、基本に忠実なコーディネートです。

このように、ターゲットカスタマーの嗜好(しこう)に沿って、インテリアがハイクオリティーにまとめてあるんですね。「ヨーロッパの大陸にはないスポーツカーを、イギリスの伝統の中に創るんだ」という、作り手の強い意志を感じます。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ポルシェ911 RSR 2016.11.17 画像・写真 ポルシェはLAオートショー2016でミドシップのレーシングカー「911 RSR」を発表した。同車は米IMSAウェザーテック選手権や、ルマン24時間を含めたFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する。2017年1月のデイトナ24時間でデビューの予定。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る