第204回:充電できるEVに垣間見た低炭素社会のカーライフ
プラグインハイブリッドと自動車の未来論

2013.10.01 エッセイ

電気自動車オーナーの熊倉重春氏が、「三菱アウトランダーPHEV」と「ホンダ・アコード プラグインハイブリッド」を2台合わせて1週間にわたり試乗。プラグインハイブリッド車のプチオーナー体験を通して思ったこととは?

まずテストに借り出したのは、「三菱アウトランダーPHEV」。走行用バッテリーのリコールを乗り越え、2013年8月に生産を再開した。

「三菱アウトランダーPHEV」には、エンジンを駆動してバッテリーを蓄電量の約80%まで充電する「バッテリーチャージモード」と、スイッチを押した時点のバッテリー残量を維持する「バッテリーセーブモード」が備わっている。「高速道路では走りながら電気を蓄えて、下道はできるだけ電気で走る」という使い方も可能だ。

撮影の帰りには、第三京浜・都築パーキングエリアの急速充電スポットで、くしくも一般ユーザーの「三菱アウトランダーPHEV」と鉢合わせ。電気自動車やプラグインハイブリッド車の普及が進むと、今後は充電スポットでのトラブルが増えるかもしれない。
充電器のプラグを差すと、これだけ横方向にスペースを取ることになる。狭い充電スポットなどでは、車両の横をすり抜けようとして体をぶつけてしまうことも。

距離を気にせずどこまでも

とっくにハイブリッド車(HV)が常識になった今、さらに外部から電力を補充できるプラグインハイブリッド車(PHV)なら驚異の超低燃費など予想通りとはいえ、重量1.7~1.8トン級のアッパーミドルセダンやSUVが実用走行20km/リッター以上を連発してくれると、けっこう感動的だったりする。いや、感慨にふけると言った方が正確かも。
20年以上も昔、ソーラーカーを取材した時、開発エンジニアは「『クラウン』級でも20km/リッター以上で走る時代が来る」と言っていた。その時は夢みたいな気がしたが、本当になってしまったのだから。

もう何回もテストしたのに、乗るたびにニヤニヤ笑いが浮かんでしまうのがPHV。「三菱アウトランダーPHEV」で走りだした途端、わざわざ名称の中に“E”を入れた訳がよくわかる。HVでありPHVであるのを超えて、もはやレンジエクステンダーEV(発電機付き電気自動車)としか言いようがない。ウィ~ンと軽くモーター音を響かせるだけで、実に軽々と都心の流れをリードして、時代を置き去りにする快感は格別だ。
いろいろな走行モードを使い分けながら、愉快痛快にまかせて寄り道しまくり。いつも愛用の「三菱i-MiEV」では、バッテリーの残量が気になって、思うように行動範囲を広げられないが、こちらは電気を使い切ってもガソリンで延々と走れるPHV(じゃなかった、PHEV)だから、一気に郊外まで足を延ばして名物の新そばなど味わいに行ったり。

でも、人間やはり欲がある。ここで電気をつぎ足せばガソリンを燃やさずに行けるとばかり立ち寄った急速充電スポットで30分ほど時間をつぶしていたら、そのぶん無駄に電気自動車(EV)を待たせてしまって、ちょっとばかり罪悪感も。「まだガソリンで走れるくせに、EVのエネルギー源を占領するなよ」とか、向こうの顔に書いてあるように見えた。ごめんね。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ