ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)

老舗の尽きない悩み 2013.10.03 試乗記 車名から「コンチネンタル」というシリーズ名が外れ、一転してエレガントなエクステリアをまとった新型「フライングスパー」。ベントレーはこの新型に、どんなメッセージを込めたのだろうか?

変わらないことの価値

これまで通りに見えて、雰囲気や調度品がなんとなく昔とは違う気がする。どこがどうと明確に指摘できるほどではないけれど、やはり違う。「コンチネンタル」というシリーズ名が外れて「フライングスパー」と呼ばれるようになった新しいベントレー・サルーンに乗り込んだ時に感じたのは、久しぶりに訪れたクラシック・ホテルの微妙な変化に戸惑うような、そんな感覚だった。

ベントレーに乗るのは久しぶりだが、人間の記憶は当てにならないようでいて意外に確かである。シートをはじめとした内装レザーのテクスチャー、つまり風合いや質感が記憶と違っていたのだ。
といってもベントレーのような車には標準レザーはあってないようなもの、豪華なヨットをほうふつとさせるこの車の明るくソフトなリネンとタンのトリムも別注のはずだから当てにはならないと思ったら、やはり新型のインテリアには600点もの新パーツが採用されており、従来型から引き継いだ部品はサンバイザーやアームレスト、フロントコンソールなどごく少数にとどまるという。それでいながら、はっきりと指摘できるような違いを感じさせないベントレーの技をむしろたたえるべきだろう。

もっとも、華やかな室内を矯めつ眇(すが)めつしているうちに、ひとつ気になる点を見つけた。ダッシュからドアパネルまでぐるりと回り込むように張られたチェストナット(栗材)のパネルに継ぎ目の線が見えることだ。
パネルを接ぐ場合は薄い化粧板をさらに薄く2つに割り、木目を左右対称に広げて使用する(ミラーマッチングという)のが慣例なのだが、この車では単なる継ぎ目にしか見えなかった。もしかするとこの仕様ではこれで正しいのかもしれないが、これまでのベントレーでは見たことがないだけに心に引っ掛かった。

という具合に少しでも従来と異なる点があると、こまごま指摘されるのが名門ブランドの宿命だ。工業製品である限り、新しいモデルが合理的に進歩するのは当然だが、より合理的に効率的に変わりましたといって喜ばれるわけではないのが、ベントレーの棲(す)む世界の特殊性である。新しいことよりもできる限り伝統に忠実であることが称賛され、そのいっぽうで時代に即した洗練も求められる。そうでなければ趣味人だけを相手にした現代風骨董(こっとう)品になってしまうからだが、そのバランスを取ることは有名であればあるほど難しい。伝統と革新の融合などと言葉にするのはたやすいが、実際に成功した事例はほとんどないのが現実である。

ベントレーの2012年の世界販売台数は8510台。国別で見ると、アメリカが2457台で世界最大の市場となっており、これに中国が2253台で続く。日本は190台だった。
ベントレーの2012年の世界販売台数は8510台。国別で見ると、アメリカが2457台で世界最大の市場となっており、これに中国が2253台で続く。日本は190台だった。
インパネは従来のイメージを残すが“伝統の再解釈”が見られる。例えば、インパネとドアのウッドパネルが連続する意匠は、往年の「S2コンチネンタル フライングスパー」からヒントを得ているそうだ。
インパネは従来のイメージを残すが“伝統の再解釈”が見られる。例えば、インパネとドアのウッドパネルが連続する意匠は、往年の「S2コンチネンタル フライングスパー」からヒントを得ているそうだ。
試乗車の内装は、シートを中心としたメインハイドが「リネン」、ダッシュボードなどに用いられるセカンダリーハイドが「ニューマーケットタン」、ウッドパネルが「チェストナット」だった。
試乗車の内装は、シートを中心としたメインハイドが「リネン」、ダッシュボードなどに用いられるセカンダリーハイドが「ニューマーケットタン」、ウッドパネルが「チェストナット」だった。
速度計(右)には340km/hまで記される。動力性能は0-100km/hが4.6秒で、最高速が322km/h。
速度計(右)には340km/hまで記される。動力性能は0-100km/hが4.6秒で、最高速が322km/h。
センターコンソール後端の「タッチスクリーンリモート」(取り外し可能)を使って、後席からも“インフォテインメント”が操作できる。ナビやオーディオのほか、エアコンやシートヒーターの調整も可能。
センターコンソール後端の「タッチスクリーンリモート」(取り外し可能)を使って、後席からも“インフォテインメント”が操作できる。ナビやオーディオのほか、エアコンやシートヒーターの調整も可能。
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る