メルセデス・ベンツS63 AMG 4MATICロング(4WD/7AT)

すべてにおいて上質 2013.10.07 試乗記 新型「メルセデス・ベンツSクラス」に高性能モデルの「S63 AMG」が登場。最高出力585ps、0-100km/h加速4秒という高性能サルーンの走りに触れた。

Sクラスの中のSクラス

日本市場のラグジュアリーセダン・カテゴリーにおいて、「メルセデス・ベンツSクラス」の存在感はまず数的にみても圧倒的なものがある。先代もモデルチェンジ直後の年間販売台数は8000台を突破し、平時には「レクサスLS」に拮抗(きっこう)することも珍しくはなかったという。大胆なグレード構成と価格を実現した新型は、完全にLSを戦略の対象に据えたとみていいだろう。
その上で、Sクラスの日本市場におけるプレゼンスを物語るのがAMGモデルの年間販売台数だ。その数、ピーク時にはざっと500台以上。単価2000万円超級のカテゴリーでくくれば、日本で一番売れている銘柄であることは間違いない。それはライバルが侵せない、メルセデスの聖域とも言い換えてもいい。

SクラスAMGに対する日本のユーザーの絶対的な信任。そこに世俗的な理由も多く含まれるのはお察しの通りだ。が、その中にあるのは「パフォーマンス」と「ラグジュアリー」の絶妙な融合でもある。その絶妙なバランスを例えるなら、Sクラスの中のSクラスとしてもいいのかもしれない。W222型をベースとする新たなSクラスAMGが目指したのはまさにそこ――。この10月にAMGの社長に就任するトビアス・メアスは、AMGのコンストラクターとしての成熟度の高さをわれわれに強調するかのように、このモデルの趣旨を説明してくれた。

新たなSクラスAMGのモデルラインナップは現状、V8エンジンを搭載した「S63」を軸に構成される。12気筒の継続について、メアスは明言を避けたが、これはうわさされるSクラス・スーパーロングの登場と相前後して判明することになるだろう。

独ダイムラーが新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表したのは2013年5月。今回紹介する「S63 AMG」は、その2カ月後となる2013年7月に概要が発表され、同年9月のフランクフルトショーで世界初公開された。
独ダイムラーが新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表したのは2013年5月。今回紹介する「S63 AMG」は、その2カ月後となる2013年7月に概要が発表され、同年9月のフランクフルトショーで世界初公開された。
随所に上質なナッパレザーを採用したインテリア。ドアトリムやダッシュボードの一部には、ダイヤモンドステッチがあしらわれている。
随所に上質なナッパレザーを採用したインテリア。ドアトリムやダッシュボードの一部には、ダイヤモンドステッチがあしらわれている。
シートにはサイドサポートの張り出したフルレザーの「AMGスポーツシート」を標準装備。
シートにはサイドサポートの張り出したフルレザーの「AMGスポーツシート」を標準装備。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る