トヨタが「プリウスPHV」を一部改良

2013.09.30 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスPHV S」

トヨタが「プリウスPHV」を一部改良

トヨタ自動車は2013年9月30日、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に一部改良を実施し、発売した。

「プリウスPHV G」
「プリウスPHV S」
 

今回の改良では、全車に新デザインのアルミホイール(センターオーナメント付き)やクロム調加飾のアウトサイドドアハンドルを採用するなど、内外装の一部を変更した。
さらに「S」「G」「G“レザーパッケージ”」の3グレードでは、エクステリアにLEDイルミネーション付きのリアエンブレムや、クロム調加飾を施したサイドガーニッシュを採用。インテリアでは、助手席インストゥルメントパネルアッパー部や助手席前アッパーボックス部、フロントカップホルダのー部をソフトパッド表皮としたほか、センタークラスターやドアスイッチベースに木目調加飾を用いるなどの変更を行った。

このほかにも、車体の溶接に「レーザースクリューウェルディング」工法を導入するなどしてボディー剛性を向上。価格設定も改定し、各グレードの価格を20万円ほど値下げした。

ラインナップと価格は以下の通り。
・L:285万円
・S:300万円
・G:320万円
・G“レザーパッケージ” :399万8000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスPHVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る